無料の会員登録をすると
お気に入りができます

池袋に“へん”な生物が大集合!「へんないきもの展3」

2019年3月20日(水)~7月5日(金)まで、「サンシャイン水族館」の大人気特別展「へんないきもの展」第3弾が開催されます。アルマジロトカゲやアンゴラウサギなど、ユニークで魅力的な“へんないきもの”たちに会いに出かけませんか?

旅行・おでかけ
池袋

「へんないきもの展」とは?

「見た目がへん!」「生き様がへん!」など、どうしてこうなった?と、思わず首をかしげたくなる“へんないきもの”たちをピックアップしてご紹介する「サンシャイン水族館」と、ベストセラー「へんないきもの」の著者・早川いくを氏による特別展。

第1弾、第2弾で述べ約20万人の動員を記録し、今回なんと第3弾の開催が決定。2019年3月20日(水)~7月5日(金)までの期間限定で、早川いくを氏と水族館の飼育スタッフが選び抜いた“へんないきもの”たちと出会うことができます。

とにかく“変”な生きものが約20種類登場!

本展には約20種類の“へんないきもの”が登場。早川いくを氏の書籍未掲載の生きものを中心に、新しい顔ぶれが集まりました。我々の想像を超える“へんないきもの”たちの不思議な魅力を存分に楽しんでくださいね。

鉄壁防御!鎧ボディの「アルマジロトカゲ」

危険を感じたらすぐに逃げる。それがダメなら、自分の尾をパクリと咥え、体をくるんと丸めて防御。これも生き抜くために身に着けた特別な能力でなのす。

蜘蛛?いえいえカニなんです「アロークラブ」

一見、蜘蛛のようなこの生物の正体は、カニ。鋭く尖った甲と細長ーい脚が特徴で、繊細な身体は食も細そう。ですがご心配なく。ウミケムシと呼ばれるゴカイの仲間が大好きでよく食べます。

大きな口で百面相「オーストラリアガマグチヨタカ」

名前の通り、特徴的な大きい口を開けたところはガマグチにそっくり。夜行性の生物なので、昼間はのんびりと体力温存しています。敵が近づくと木に擬態して危機を回避。百面相する姿を楽しんで。

圧倒的モフモフ感が魅力的「アンゴラウサギ」

毛玉?いえいえ、モフモフふわふわな毛に包まれたうさぎです。身体全体を覆う毛は10cm以上伸びることもあり、毛に埋もれて顔が見えなくなってしまう、なんてこともあるそうですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ