無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日に1,000杯売れる日も!「黒糖煮込みタピオカ」がうますぎる、原宿の新タピオカドリンク専門店へ

2019年2月、タピオカドリンク激戦区・原宿にオープンしたプレミアムタピオカ専門店「辰杏珠(シンアンジュ)」。黒糖で煮込んだタピオカが特徴の「黒糖バブルミルク」や、青色が美しいハーブ“バタフライピー”を使ったフォトジェニックなドリンクは、女性たちの間で大人気!多い日は1日1,000杯も売り上げるという注目のお店をレポートします♪

グルメ

今、タピるならここ!タピオカドリンク激戦区に誕生した新店/辰杏珠

原宿駅竹下口前の横断歩道を渡って左へ向かい、約1分ほど歩くと現れるのが、プレミアムタピオカ専門店「辰杏珠(シンアンジュ)」。

2019年2月にオープンすると、モチモチのタピオカが入ったフォトジェニックなドリンクがSNSを中心に評判を呼び、瞬く間に人気店に!アクセス抜群の立地も相まって、多い日は1日で1,000杯も売れるほどの盛況ぶりなんです。

店内は黒を基調としたスタイリッシュな空間。テイクアウトが中心ですが、壁際のイスに座ってのイートインも可能です。

さっそくカウンターへ向かいましょう♪

ドリンクは、タピオカドリンクを中心に、全25種類と充実のラインナップ。

今回は、その中でもとくに人気の高い3種類をご紹介します!

黒糖が染み込んだ濃厚なタピオカがミルクと絶妙にマッチ

まずは、看板メニューで人気No.1の「黒糖バブルミルク」(540円)。

厳選した黒糖と、台湾から直輸入したタピオカをたっぷり使った一杯。クリアカップに模様のように入った黒蜜が印象的です。

今回は特別に、キッチンの中で「黒糖バブルミルク」を作る工程を見せてもらいました!

初めに、カップの内側に黒蜜をたっぷりと塗ります。

次に、大粒のタピオカを入れます。「黒糖バブルミルク」に使うタピオカは、黒糖でじっくり煮こんだ後、黒糖をまぶして味を染み込ませているのだそう。

黒糖で味付けしていない通常のタピオカもあるので、甘さ控えめが好みなら、通常のタピオカを頼むのがオススメ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ