無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運命の人を引き寄せる「たったひとつのコツ」

仁科友里

恋愛・結婚

こんにちは、ライターの仁科友里です。

結婚相手のことを「運命の人」といういい方をすることがありますよね。この文脈で使う“運命”とは「ロマンチック」とか「非凡」とほぼイコールの意味で使われていると考えていいでしょう。

たとえば、少女漫画では、子ども時代に恋心を抱いていた幼馴染(イケメンで、だいたい金持ちに成長している)と再会して恋に落ちたりします。約束したわけでもないのに、偶然に偶然が重なって、何度も出会ってしまう。こういう偶然を“運命”だと思っている女性は多いのではないでしょうか。

人生に“運命”があるかないかでいえば、私はあると思います。

が、ちょっと待って。婚活相談を受けている身からすると、この“運命”という言葉はときにみなさんを危険に陥れたり、婚活を邪魔したりする悪魔の言葉でもあるのです。

そこで、今日は「運命」について考えてみましょう。

結婚相手は運命で決まっているの?

結婚相手は運命で決まっているのかというポイントからです。

結婚における「運命」ってどういうこと?

まず理解しておいてほしいことは、運命の人と結婚するのではなく、結婚した人が運命の人ということです。

運命という言葉は、辞書によると「人間の力を超越して、人に幸・不幸を与える力」とあります。人智を超えた力ということかもしれません。

その「人間の力を超越したもの」を信じすぎている婚活中の女性にありがちなのが、運命を過信すること。以下、3パターンを挙げてみます。

(1)運命の相手と出会えたら、すべてはうまくいくと信じてしまう

自分から動かない(運命の相手は突然にあらわれるので、がつがつとした婚活は運命ではないと感じてしまう)。平成の真ん中あたりまでは、「男性が女性を誘うもの」という暗黙のルールがありましたが、男女平等教育を受けたみなさんの世代は「男だから誘う」という考え方をしません。その結果、男性がぐいぐい来ることもなく、何も起こらず、ただときだけが過ぎてしまいます。

(2)周囲に反対されるなど、波乱万丈な恋愛こそが運命だと信じてしまう

親や友だちなど近しい人が、どうも彼にいい感情を持っていないということがあります。親の意見が絶対だとはいいませんが、冷静に「なぜ反対されるのか」を考えてみてほしいのです。一般的に考えるのなら、何も理由がないのに反対されることは、あまりないと思います。しかし、運命論者は「こんなに好きなのに」と問題を棚上げし、「激しく反対されるほど、運命」とひとりで盛り上がってしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ