無料の会員登録をすると
お気に入りができます

石原さとみ 愛について考えてみる

カルチャー

愛するって、とても素敵なこと。その解釈は人それぞれ。老若男女に幅広く愛されている石原さとみさんと、「愛」についてじっくり考えてみました。家族愛や友情、仕事に対する熱意、ファッションやメイクへの好奇心。石原さんにまつわる愛について、赤裸々に語ってもらいました。

Profile*いしはらさとみ

1986年12月24日生まれ、東京都出身。9月6日よりBunkamuraシアターコクーンにて、舞台『アジアの女』に主演することが決定。さらに、2017年に発売され、大ヒットを記録した石原さとみさんの写真集『encourage』が、5月に『encourage』1冊+別冊1冊がついた特別愛蔵版として発売決定!

両親から受け取った愛を私なりの形に変えながら

石原さんは、与えることを惜しまない。

「厳しさもありながら、たくさんの愛情を与えてくれた両親がいて、特に母から言われたのは『20歳からは愛情を与える人になりなさい』という言葉でした。それを理解できるようになったのは、20歳を過ぎてある程度大人になってから。愛情を誰かに向けたり、与えることが自分の成長に大きくつながっている実感があります。

人の根本的な部分は20歳からそんなに変わらないと聞いたこともあって。それまでは親からもらったものでなんとかなるけれど、それ以降の自分を育てていくのは自分でしかないんですよね」

自身を律するような言葉とは裏腹に、「友達には甘々だと思います(笑)」と続ける。

「基本の性格はせっかちだけど、もし友達が悩んで立ち止まっているときは問題が解決するまで時間をかけることもあるし、かける言葉ひとつでもじっくり選んだりします。友達には存分に甘えてほしいし、私も存分に甘えたい。まめにメールや電話をするよりも、たった10分でも寄り添ったほうがいいと思ったらすぐに会いに行きます。大切な人の前では忙しさを理由にしちゃいけないし、仕事より大事なモノってむしろ友達しかないから。

ただ、愛って見返りを求めないことが前提として大事で、与えた分だけ与えてほしいと思った時点で依存になっちゃうからそこは気をつけたいなと思います。人間関係だからもちろん思いがけず傷つけられちゃうこともあるけど、それを癒やしてくれたり、支えてくれる友達もいるから大丈夫。広い目でみたときに、“与えたり、与えられたり”のバランスがとれていればいいなと思います」

身近にいる友達は今の私を映す鏡だから

大切な人達とどんな風に日々を過ごしているのか。

「ここ7、8年、時間のあるときは必ず毎日誰かしら友達と会っている幸せな状況。私にとっては当たり前の環境だから気づかなかったんですが、『すんごい真面目な話をしてるんだね』って驚かれることがよくあります。類友の法則で似ている人が集まってくるのかもしれない。『女同士ってもっときゃぴきゃぴしてると思った!』と驚かれるかも(笑)。

友達とは人生について話したり、素敵な言葉に出会ったときに写メを送り合ったりして、それぞれが持ち合わせているものを共有する、すごく刺激的な関係性。いつ会ってもみんなが進化しているから、私もそうでありたいと思えるんです」

ピンクのニットにレオパード柄の組み合わせでとことん可愛らしく。女のコの笑顔とピンク色は、最強にラブリーな組み合わせ♡リブニットトップス¥18,700、レオパード柄スカート¥22,000(共にエディット フォー ルル)

そんな彼女がよく口にする。“人間関係は自分を映す鏡”のようなモノだと。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ