無料の会員登録をすると
お気に入りができます

売り切れ続出!話題のコンビニスイーツ『バスチー』が材料5つで簡単に作れる♡

レシピ

3月末にローソンから発売され3日間で累計販売数100万個を突破した話題のスイーツ『バスチー』をみなさんご存知でしょうか?バスチーとはスペインバスク地方のバスクチーズケーキの略で、焦げるくらい黒く焼き上げた表面ととろける生地のコラボがまさに新感覚スイーツです!今回はバスチーの簡単レシピをご紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

50分(冷やす時間を除く)

バスチーは混ぜて焼くだけの簡単レシピ

今回はフードプロセッサーを使い、より手軽な作り方をご紹介します。
もちろん全行程を泡立て器で行っていただくことも可能です。

材料(12cmの丸型1個)

・クリームチーズ 200g
・グラニュー糖 70g
・卵黄 1と1/2個
・生クリーム 100ml
・コーンスターチ 13g

やり方

まず、室温に戻したクリームチーズをフードプロセッサーにかけよく混ぜます。

グラニュー糖、卵黄、生クリームの順に加えその都度よく混ぜます。
コーンスターチを茶こしで振るい入れさらに混ぜます。

ケーキ型にくしゃくしゃにしたオーブンシートを敷き詰めます。

生地を型に流し入れ、230度に予熱したオーブンで35~40分表面が黒く焦げるくらいまで焼いたら完成です!

生地が冷めたら冷蔵庫でしっかり冷やしてめしあがってくださいね。

話題のコンビニスイーツ『バスチー』が完成!

まるで黒く焦げたような見た目からインパクト大のバスクチーズケーキ。
実は、この焦げた部分が美味しさの秘密なのです。

高温短時間で焼き上げることで、ケーキ上部はカラメル風味で少しほろ苦。
中心は半生ですが、外側にいくほど生地に火が通りスフレ状態のケーキが楽しめます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ