無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キレイなお風呂は好きですか?ウタマロ・オキシ漬け・ダイソーで排水口の汚れにサヨウナラ

ライフスタイル

こんにちは、管理栄養士で年子ママのヨムーノライターssnbakeryです。

お風呂は毎日掃除するものですが、なかなか念入りには毎日掃除ができないと思います。キレイなお風呂を保つには、「念入りに掃除する日」を定期的に決めておくのがおすすめです。

今回は、「念入り掃除の日」のお掃除方法を紹介したいと思います。
お風呂によって多少部品などは異なりますがご了承ください。
ちなみに写真は全て我が家のお風呂TOTOの「サザナ」です。

用意するもの

・ウタマロクリーナー

・古歯ブラシ

・ビニール手袋

・パイプユニッシュPRO

掃除方法

まず、排水口にある部品(パーツ)を取ります。

ビニール手袋を装着し、上部2つの部品を取り外します。
(製品によって異なりますので説明書を参考にして行ってください)

取り外した部品はウタマロクリーナーをつけて、古歯ブラシで細かい隙間を掃除していきます。

意外と見落としがちな排水口の内部も、ビニール手袋にウタマロクリーナーをつけて汚れを落としました。
奥は掃除道具より手を使ったほうが、まんべんなく洗えてキレイにできます。
(ビニール手袋は必須です!!)

部品の汚れがひどい場合は、オキシクリーンを使ってオキシ漬けが効果的。
(オキシ漬けは40℃~60℃のお湯でやると効果があがります)

カビ系の汚れでしたら、バス用カビキラーやキッチン泡ハイターなど泡系の漂白剤でつけ置きするといいですよ。

最後は、排水口にパイプユニッシュPROを適量流し30分放置してから、流して終了です。

※カビキラー・キッチン泡ハイター・パイプユニッシュPROを使用の際には、換気をきちんとしてくださいね。

ダイソーで話題の排水口

TOTOサザナは「らくポイヘアキャッチャー」という髪の毛がくるくるとまとまる仕様になっていて、お掃除しやすいのですが、髪の毛の絡まりやすいパーツの方もいらっしゃいますよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ