無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏に「絶対してはいけないこと」

恋愛・結婚

彼氏からの愛情を感じられないとき、ヤキモチを妬かせたり、連絡を無視したりなど、わざと彼氏を不安にさせて、愛情を確認している人はいませんか? この記事では、「彼氏を不安にさせること」について、悲恋改善アドバイザーの藤本シゲユキさんにアドバイスをもらいました。

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

お付き合いしている男性に対し、「私のことを好きかどうかわからないから、不安にさせて気持ちを確認したい」と思ったことがある女性も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、「彼氏を不安にさせたい女性心理と注意点」についてお話しさせていただきます。

彼氏を不安にさせたい女性の心理と行動

ここでは、彼氏を不安にさせたい女性心理とそこから派生する代表的な行動について、3つほど解説させていただきます。

1.ヤキモチを妬かせて彼の気持ちを確認したい

よく、恋愛指南書やコラムでは恋人にヤキモチを妬かせるために、「ほかの男性の影をちらつかせる」という手法が推奨されていることが多いです。

この情報を鵜呑みにして、彼氏にほかの男性の存在を話題に出す女性がけっこういらっしゃいますね。

中には、「浮気されたから」「ほかの女性の影が見えたから」という理由から、当てつけでヤキモチを妬かせようとする女性も存在します。

2.嘘をついて心配させたい

体調不良を装ったり、「帰り道に変な人につけられた」などの危険な目に遭ったというような嘘をついたりして、彼氏に心配してもらおうとする女性もいますね。

「自分のことを気づかってくれているかどうかの確認」が元になっているのですが、「大丈夫?」という言葉を彼氏から引き出すことが目的になっていて、駆けつけてくれたら万々歳というわけです。

3.連絡を取りづらくして心配させたい

これは、「生きてるか死んでるかわからない状態にして、彼の気持ちを確認しましょう」「返信を遅らせることで彼を不安にさせ、食いつきを促しましょう」という類の情報が元になっていると思われます。

いきなり音信不通にしたり、暇なのにLINEの返信をわざと遅らせたりと、その方法は枚挙にいとまがないですが、こういった駆け引きに頼っている女性がいまだに多いのは事実です。

彼氏を不安にさせるメリット

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ