無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニトリのカラボにNO.1神フィット!やっぱりニトリの収納お助けグッズBEST3

ライフスタイル

こんにちは。100均DIYやプチプラ雑貨巡りが好きなヨムーノライター、アゲハです。

収納に便利で値段も手ごろなカラーボックス、みなさんはどのように使っていますか?

リビングの収納棚として使ったり、キッチンのカウンター収納として使ってみたり、使い方はいろいろですが、カラーボックスにぴったりのインナーボックスを探すのって、意外と時間がかかりますよね。

そこで今回は、我が家で愛用しているニトリのおすすめのインナーボックスを3つ紹介します。

ニトリの「積み重ねできるワイヤーバスケットPS」

キッチンで愛用しているワイヤーバスケットのひとつです。
ニトリで購入した幅約42cmサイズのカラーボックスに合わせて、グラスや湯呑み、茶わんの収納に使っています。

ワイヤーバスケットのサイズは、カラーボックスのサイズに合わせて全部で6種類あり、タイプは「浅型」と「浅型」の2種類あるのですが、我が家では浅型タイプを愛用しています。

手前には取っ手が付いているので引き出しも楽です。
ただ、グラスや茶わんなど割れ物で重さがあるのもだと、手前に引いた際にバスケットを引き出しすぎたり、割れ物を落としたりする心配もありますよね。

ですが、ニトリのワイヤーバスケットの場合、別売りの専用レールにストッパーが付いているので、バスケットを引き出しすぎる恐れがありません。

我が家では、キッチンの収納棚として使っていますが、スチール素材で清潔かつ長持ちするので、ランドリー収納に使うのもおすすめです。

ニトリの「積み重ねバスケット ライド2」

おすすめのインナーボックスその2は、ラタン素材で見た目もおしゃれな「積み重ねバスケット ライド2」です。

こちらもカラーボックスのサイズに合わせてサイズ違いのものが4種類ありますが、我が家では、クウォーターサイズのものを使っています。
クウォーターサイズは、幅約42cmと幅約61cmのカラーボックスとの相性がよく、42cm幅には2つ、61cm幅には3つ綺麗に並ぶようになっています。

天然素材だけに、購入前はささくれを心配していましたが、実際に手に取ってみると引き出し部分も綺麗に加工されていることに気づきました。軽いので引き出しも楽々です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ