無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[池袋]ウナギ屋だけどカレーが名物!?金曜ランチ150食限定のカレーライスが美味しすぎるって!

毎週金曜のランチタイム、池袋に長蛇の列ができるウナギ屋さんがあります。お客さんの目的は、もちろん「うな重」!ではなく、なんと150食限定の「カレーライス」というから驚きです。早くて安くて美味しい、三拍子そろったカレーライスは、さくっと済ませたいときの一人ランチにもぴったり。長く愛され続ける、その理由を取材してきました!

グルメ

食べられるのは金曜ランチのみ!うなぎ屋名物、150食限定カレー/うな達

噂の「カレーライス」を食べられるのは、池袋駅東口から徒歩5分ほどのところにある「うな達」。1974(昭和49)年創業の、大衆的なウナギ料理店です。

なぜ、ウナギ店でカレーなのかといえば、「先代の大好物だったから」と店主さん。もともとは“まかない”として食べていたカレーライスを30年ほど前から提供し始めたところ、たちまち大人気に。以来、池袋に集う人たちの胃袋をつかみ続けています。

そんな名物カレーを食べられるのは、金曜のランチタイムのみ。150食限定ということもあり、なくなる前になんとか食べたい!と、金曜はカレー目当てのお客さんが殺到します。

見てください、この行列!11:30のオープン前から、こんなにもたくさんの人が開店を待ちわびています。取材した日は10:30の時点で、すでに2人の方が並んでいました。

開店と同時に満席となり、13:00前には150食が完売してしまう盛況ぶり。なぜここまで人気なのか、実際にカレーをいただきながら、検証してみましょう♪

【人気の理由その1】ワンコインでお釣りがくる「安さ」

うな達のカレーライスが支持される理由の一つが、なんといってもその「安さ」。並(430円、写真前列左)、中(470円、写真前列右)、大(500円、写真後列右)、特大(580円、写真後列左)という料金設定は、20年以上変わらないのだとか。

特大のお皿の大きさにはビックリ!隣のティッシュ箱と比べてみても、そのサイズは一目瞭然です(特大のオーダーは10人目でストップ)。

逆に、並(写真)は量が少ないのでは?と思いきや、ご飯茶碗2杯分くらいはあって、女子的には十分満足のいくボリューム感。お腹が満たされたうえ、ワンコインでお釣りがくるなんて、うれしすぎますよね!

【人気の理由その2】まろやかさとスパイシーさが合わさった絶妙な「味わい」

ウナギ店のカレーだから、もしやウナギが入っているのでは?と想像していましたが、出てきたカレーは至って普通で、家で食べるカレーという見た目。

具は、ニンジンとタマネギとジャガイモ、そして豚肉のみという、究極のシンプルさです。味に変わった特徴があるのでしょうか?

さっそく一口いただいてみると、まずはほっとする甘さが口いっぱいに広がります。うん、美味しい!とはいえ、特別な味わいは感じられないような・・・と思いつつ食べ進めていくと、スパイシーさが舌を心地よく刺激し始めました。口に入れるときのまろやかさと、その後のスパイシーさが絶妙に絡み合い、気づいたらスプーンを運ぶ手が止まらない!!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ