無料の会員登録をすると
お気に入りができます

浅草で終電逃したら・・直行すべきカプセルホテル!北欧カフェ「フグレン」併設の超絶おしゃれ空間

ライフスタイル

2018年9月にオープンした浅草のカプセルホテル「ナインアワーズ浅草」をご存じですか?こだわりのベッド空間に充実のアメニティー、眺望バツグンのラウンジ、さらには人気カフェ「FUGLEN」の日本2号店が入っていたりと、うれしいポイントが盛りだくさん。女性専用エリアも用意されています。浅草で終電を逃した時にも便利な、おしゃれなカプセルホテルをレポートします。

機能性と良質なデザインがつくる、快適すぎるカプセルホテル/ナインアワーズ浅草

浅草駅から8分ほど歩くと現れる、ユニークな外観のビル。地上9階建ての建物で、外壁には外階段が巻き付くように取り付けられているほか、あちらこちらに小さな屋根が設けられています。

こちらが、今回ご紹介する「ナインアワーズ浅草」です。

ナインアワーズは、寝具やアメニティーの品質にこだわる、洗練されたカプセルホテル。2009年に京都店をオープンしたのを皮切りに、現在は北新宿店、赤坂店などの都内店舗を含む計10店舗を展開しています。

それぞれの街の特性や雰囲気に合わせ、設えを変えているのも特長。ここ浅草店は、チェックイン時から他店とは大きく異なります。なんと、フロントがあるのは最上階!さっそく、エレベーターで9階に上がります。

エレベーターを降りても、そこはまだ建物の外。眼下には、浅草の町並みが広がっています。実は「最初にこの景観を楽しんでほしい」との思いから、フロントをあえて最上階にしたのだそう。眺めを楽しんだら、横にあるガラス扉から中に入りましょう。

フロントは、すぐ横が吹き抜けになっていて開放的。料金(1泊4,900円~)を支払ってチェックインを済ませると、カードキーが手渡されます。

宿泊エリアは男女別。女性が2~4階、男性が5~7階です。女性専用のエレベーターもあり、女性一人でも利用しやすいよう工夫されています。

女性用シャワールームには、打たせ湯のような「ウォームピラー」

チェックイン後は、荷物を置きにロッカールームへ!エレベーター、もしくはフロント横の階段を降りて8階の女性専用エリアに向かいます。

扉には鍵がかかっているので、カードキーを使って開けましょう。

まずは、ずらりと並ぶロッカーの中から自分の番号を探し、カードキーで開錠。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ