無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人を好きになるとなぜ苦しくなるのか?恋愛で苦しいときの対処法

恋愛をすると心が苦しくなるものですよね。人を好きになるとなぜ苦しくなるのでしょうか?そんなときの対処法について4つのステップから紹介します。

恋愛・結婚

【編集部からのお知らせ】
「恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

恋愛偏差値30からの婚活相談室

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

こちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

こちら

人を好きになると、どうして苦しくなるの?

人を好きになると苦しくなるのはなぜ?
恋すると心が苦しくなるものですよね。
でも、人を好きになることは素敵なことなのに、どうして苦しくなるのでしょうか?

ある方が、こういうことをおっしゃったんです。
「人を好きになると、相手が自分をどんな風に思っているのかが気になる。でも、そんなときは、自分が主体ではなく、相手を主体にしてしまうから、心が不安定になり、苦しくなる。
それはもう、“恋の病(やまい)”だ」と。

人を好きになったら、「相手に好かれたい!」というのは、誰もが願うことです。
でも、相手の一挙一動に反応したり、言葉の裏を必死に考えたりしてしまうのは、答えの分からないクイズにうんうん唸って考えているようなものです(※しかも、ループばかりする)。
正常な精神のときはそんな答えの出ないクイズに悩まむようなことはしないから…まさに“病”ですね(笑)。

さらに、相手に好かれたくて、相手に合わせすぎて、自分を見失ってしまうこともあります。
結局、自分らしさを失うと、人は自分の在り方に納得できなくなるから、苦しくもなってきます。たとえ意中の相手から好かれたとしても、「“本当の自分”を好きでいてくれるわけではない」と悩んでしまいますしね。

人を好きになって苦しくなった時の対処法

自分が自分を愛することから始めよう!
先ほどは、恋をしたら、自分が主体ではなくなるから苦しくなることを説明しました。
つまり、恋した時こそ、「自分の軸を持つ」ことが重要なのです。

「自分の軸を持つ」ためにした方がいいことは、この2つです。
・相手が自分をどう思っているか?ではなく、自分が相手を愛せるようになる。
・自分が自分の魅力をきちんと信じられるようになる。

1つずつ説明します。

まずは自分が相手を愛せるようになる

人を好きになると、相手に好かれることばかり考えがちです。でも、それよりもまずは、自分が相手を愛せるようになることが大切です。愛する人ほど、愛されるものだからです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ