無料の会員登録をすると
お気に入りができます

深夜も行列!「あっさり鶏そば」にハマる人続出の超人気ラーメン店を知ってる?[埼玉]

グルメ

自家製麺と鶏の旨みにとことんこだわった「至極の一杯」を提供/鶏そば 一瑳

埼玉屈指の人気ラーメン店「鶏そば 一瑳(いっさ)」は、JR浦和駅西口から徒歩約2分の路地裏にあります。平日18:00、夜の部のオープン前でこの行列。どんなラーメンが食べられるのか、期待に胸が高鳴ります!

ドアを開けると、鶏ガラスープのいい匂いが漂ってきました。こぢんまりとした店内で、席数はカウンター8席、4人掛けテーブル2卓の計16席です。

注文は食券式。メインメニューは「あっさり鶏そば」(750円)、「濃厚鶏そば」(830円)、「鶏白湯つけ麺」(並盛り、780円)、「まぜそば」(夜限定、780円)の4種類です。どれも魅力的ですが、初めての来店なので、やはりここは一番人気の「あっさり鶏そば」を食べることに。

「麺はすべて手打ちで、鶏そばには細麺、つけ麺とまぜそばには太麺と、2種類を使い分けています」と教えてくれたのは、2年前から店長を務める栗田さん。ラーメンづくりを見せてもらえることに。

こちらが「あっさり鶏そば」に使われる細麺。ベースは、日清製粉のラーメン専用小麦「荒武者」で、全粒粉、かん水、塩を加えて打ち上げているそうです。保存料、着色料をいっさい使用していないのは、健康に気を使う人にとってうれしいポイントですね♪

「あっさり鶏そばのスープは、いわば一番ダシ。大量の鶏ガラと生姜を2時間ほど弱火で煮込み、濁る直前に火をとめて仕上げています。そのスープを取り出したあと、残ったガラに水、モミジ(足)、ぼんじり(おしり)を加えて強火で10時間ほど煮込むと、濃厚鶏そば用のスープ(写真上)が完成します」(栗田さん)

かえし(タレ)は、焼津産カツオ節、利尻産昆布、塩など数種類をブレンドしたもの。

さらにスープから抽出した鶏油(チーユ)を加えて・・・

澄んだスープを注ぐと、フワッといい香りが!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ