無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚して幸せになるために「やってはいけないこと」

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

恋愛・結婚

「私、一生、結婚できないかもしれない!」なんて、不安になっている女性は少なくありません。特に30歳目前になると、結婚に焦る人は多いもの。

今、付き合っている恋人がいて、「彼と結婚したい」というのであればわかりますが、中には、そういう相手がいるわけではないのに、ただただ結婚したいと思っている人もいます。そんな人が知っておいたほうがいいことがありますよ。

アラサーで結婚に焦る理由とは

あなたが今、結婚をしたいのは、どうしてでしょうか?

もしかしたら、「結婚したら幸せになれると思うから」「まわりの友だちが結婚しているから」「親が結婚しろとうるさく言ってくるから」「出産を考えると、早く結婚しておきたいから」などの理由で、結婚を望んでいませんか?

そんな気持ちで結婚してしまったら、むしろ不幸せになってしまうかもしれません。

結婚したら幸せになれると思うから

「仕事がおもしろくないから、早く専業主婦になりたい」「結婚さえすれば、今の環境から逃げ出せる」「ステキな男性が現れて、私を幸せにしてほしい」なんて思っている人は、結婚しても大して変わらないことに気づき、幻滅することでしょう。

結婚はキラキラした恋愛の延長ではなく、生活だからです。

自分で自分を幸せにできないような人が、相手に幸せにしてもらおうと負担ばかりかけていたら、生活は破たんする可能性は高いです。多くの人が、仕事や人間関係などで理想通りにはいかない現実に直面し、自分のことだけでもいっぱいいっぱいになるからです。

だから、結婚は逃げ道にならないことを理解して、人に幸せの依存をするのはやめましょうね。

まわりの友だちが結婚しているから

学生時代は友だちと同じタイミングで進級するものですが、大人になったら自分のタイミングで人生を歩んでいく必要があります。

人それぞれに向いているもの、向いていないもの、好み、生き方があるように、あなた自身が自分らしく生きるためには、人のタイミングに気をとらわれるのではなく、“自分の人生”をきちんと考えることが大切です。

自分らしさをわからないまま生きている人で幸せな人は、ほぼいません。

まわりがどうとか、友だちが結婚しているからとか、そんなことにとらわれないで、自分は自分らしく生きるためにはどうしたらいいのか? ということを考えるようにしましょうね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ