無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男友達に告白されたら「やっちゃダメなこと」

恋愛・結婚

誰かに好かれるのはうれしいことですが、何とも思っていない男性、関係を進める気がない男性からの告白は、受け入れられないので困りますよね。

気まずくなりたくないし、こじらせるのも怖い。

そんなときは、男性のプライドを利用して「いい思い出」に消化してあげるのがいい方法です。関係性をキープしたまま、相手からの告白を上手にお断りするテクニックについて、お話しします。

告白は男性にとっても大きな勇気がいること

何とも思っていない男性からの突然の告白は、驚くけれどうれしくも思いますよね。

でも、喜ぶことと実際に受け入れるかどうかは別の話。

「何とかして角を立てずにお断りしたい」
「関係を壊さずこれからもいい距離でいたい」

など、気まずくならないように断りたいと思うとき、忘れてはいけないのは「告白は男性にとっても大きな勇気がいること」という事実です。

好きな人に思いを告げるとき、「断られたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」など、不安になりますよね。

断られない絶対の確信があるなら別ですが、男性が告白する側になっても同じように「受け入れてもらえない結果」を想像するので、本当に口にするときは一世一代の勇気を出してくれたといえます。

まずはその気持ちを尊重し、「好きになってくれて、ありがとう」と伝える姿勢を持ちましょう。

それだけでも、男性にとっては「告白してよかったな」と思えるし、断られてもネガティブな思いを引きずることなく終わらせることができます。

男性が恐れるのは、振られることより「関係を失うこと」

たとえば、仲のいい男友達から「好きだ」と言われ、お断りしたけどその後気まずくなって疎遠になってしまった。

寂しいけれど、応えられないなら仕方ないと思いますよね。

ですが、振られた側の男性にとっては「受け入れてもらえなかったうえに、今までの関係も終わってしまった」事実にいっそう気持ちが落ち込みます。

告白するときの男性が恐れるのは、振られることより「今までの関係を失うこと」。

断られたとしても、まだ関係が続くなら改めていいつながりでいようと前向きに思えますが、そのまま物理的な距離ができてしまうと、「言うんじゃなかった」という後悔まで生んでしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ