無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男と女の「決定的な恋愛観の違い」10

恋愛・結婚

こんにちは、男女差恋愛学の高田机上です。

私は日夜、ブログで男女差の謎に迫っています。

今回のテーマは「男女の恋愛観の違い」についてです。恋愛の概念はひとつのはずですが、その捉え方には男女差があるのです。

男女で差が出る「10の恋愛観」

恋愛観において、男女の捉え方の差が顕著に表れる10項目をさっそく見ていきましょう。

(1)「総合力で好きになる女」と「容姿を好きになる男」

女性:総合力で好きになる
男性:容姿重視で好きになる

女性にとって交際は結婚前提です。

結婚して経済的・精神的に安定した生活を送れる相手を総合的に選びます。また、女性それぞれで重視する項目が違っても(容姿、性格、評判、経済力など)、総合点はあまり変わりません。

ですので、総合力の高い男性に人気が集中します。

一方、男性にとって交際は性行為前提です。

性行為したい容姿(妊娠能力が高い=若い・健康)を中心に選びます。もちろん性格も考慮しますが、容姿の合格が前提になります。女性の社会進出が進んだ昨今も、結婚したら男性が生活をリードする立場 であると責任を感じている人も多いと思います。したがって、女性に求めるものは生活基準のメリットではなく、容姿になるのです。

(2)好き候補は「数人の女」と「数十人いる男」

女性:好き候補は数人
男性:好き候補は数十人

女性の総合力審査を突破して、好き候補に昇格する男性は数人程度です。

外見だけなら突破できる男性も、内面も見られると絞られます。女性は、好き候補の中から一番「総合力が高い男性」や、一番「ときめきを与えてくれる男性」を好きになります。

男性の好き候補は容姿重視で選ぶので合格者が多いです。

その上、接点が少ない女性や彼氏持ちの女性までも含めるので数が増えます。「あわよくば」までをも候補にするので節操がありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ