無料の会員登録をすると
お気に入りができます

話がつまらない人の特徴

恋愛・結婚

友人たちとの会話や男性もいる合コン、自分では楽しく話せていると思っているけど、何だか反応がイマイチだし盛り上がらない……。

「私って話が面白くないのかも」と不安になると、誰かと話すのも苦痛になりますよね。

話が面白い人や話をして楽しい人は、必ずその場の空気を読んだ発言ができるもの。

話がつまらない人の特徴を知れば、「もっと話したい」と思われるにはどうすればいいかが見えてきます。

話が面白い人になるためのヒントについて、ひろたかおりがお話します。

話が面白くない人の特徴

まず、話が面白くない、つまらないと思われる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

(1)否定から入る

たとえば、「○○さんって最近キレイになったよね」と誰かが口にしたとき。

「そうだよね」とうなずく人がいるなかで「でも太ってない?」「もう少しメイクを工夫すればいいのに」とまず相手の言葉を否定する発言から入る人は、「つまらない人だな」と思われます。

同意がほしくて出した話題なのに、第一声で「私はそう思わない」と返されてしまうと話す気が失せますよね。

(2)話を聞いていない

みんなが話しているとき、スマホの画面ばかり見ていたり、上の空で話に集中していなかったり……。

「話を聞いていない」人がいると、それだけで場の雰囲気が悪くなります。

「つまらなそう」「退屈しているのかな」とまわりに気を使わせるような人は、一緒にいても楽しい会話ができるとは思われません。

(3)オチがない

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ