無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨のカビ対策に!吹きかけるだけで嫌な臭いがなくなる万能スプレー

ライフスタイル

梅雨の湿気で生じるお悩みにおすすめのアイテム

今年も梅雨がやってきました。雨が続き、じめじめとした空気の中では、キッチンやお風呂・お手洗いといった水周りにカビや雑菌が発生しやすくなり、そこからいやなにおいが…なんてことも。

そこで役立てたいのが「NOTOHIBAKARA」のエッセンシャルウォーターとオイル。
石川県にある加賀木材が、除菌の作用をもつ「能登ヒバ」を利用して開発したもので、化学合成成分やアルコール不使用の、体にも優しいアイテムです。

能登ヒバがもつさまざまな作用

能登ヒバは、石川県の県木として親しまれている針葉樹。「ヒノキチオール」という、抗菌作用をもつ天然成分が含まれているのが大きな特徴です。
ヒノキチオールは、多くの菌に対して抗菌作用があり、湿気によるカビや雑菌の繁殖を防いでくれるのだそう。それにより、カビの嫌なにおいを防ぎ、さらに元々の爽快な香りによるアロマ効果も期待できます。
そのヒノキチオールが配合された、NOTOHIBAKARAのエッセンシャルウォーターとオイル。どんな風に使うのか見ていきましょう。

梅雨時期の気になる場所やアイテムの除菌・消臭に

まずはエッセンシャルウォーター。使い方は簡単で、キッチンやお風呂など、じめじめとして、においが気になる場所にシュッと吹きかけるだけ。それだけで、除菌・消臭効果が発揮されます。第三者機関で受けた検査では、吹きかけて5分後には約99%の除菌ができたという調査結果も出ているそう。

また、雨で外に干せずに部屋干した洗濯物や、こまめな洗濯が難しいカーテン・カーペットといったリネン類の除菌・消臭にもおすすめです。

エッセンシャルオイルにも、ウォーターと同じく除菌作用があるので、雨で結露が発生しやすい窓や、キッチンなどの水周りの掃除をする際に雑巾に数滴たらすとカビ防止に繋がりますよ。

爽やかな香りにアロマテラピー効果も

NOTOHIBAKARAは、梅雨時期に限らずさまざまなシーンで活用できます。
たとえば、お部屋の中で空気がよどんでいるように感じたとき。ウォーターをその場でシュッとスプレーしてみれば、まるで深い森の中にいるような香りが広がり、たちまちリフレッシュした気分になれます。

オイルはお湯とブレンドして容器に入れれば、アロマに早変わり。そのほか、水とブレンドしてスプレーボトルにつめれば、虫除けとして使うこともできますよ。

掃除機のごみパックにもオイルがおすすめ。数滴たらすと、排出される空気の埃っぽいにおいが抑えられ、代わりにヒバの心地よい香りがあたりに漂います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ