無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[編集部のひきだし]お部屋に飾って眺めたい「アートワーク」編

DIY

マヨマヨ

minneスタッフ。本とアートが好き。毎朝コーヒーを飲みカレーを週3で食べる。

ついに、本格的な梅雨のシーズンが到来しました。「外に出るのが億劫だな」「日差しが少なくて元気が出ない」とちょっとナーバスな気持ちになることも。そんなときは、ムリせずお部屋でのんびりしてみましょう。パッと気分が明るくなる、じっと眺めて心癒される、そんなアートワークをご紹介します。

Tomomi Maezawaさんの「ポップなタイポグラフィポスター/Poincaré」

グラフィックデザイナーTomomi Maezawaさんが手がける、Poincaré(ポアンカレ)という自作のフォントを印刷したポスター。遊び心のあるフォルムが美しく、新鮮。落ち着いたブルー、ブラックに差し色のオレンジが効いて、シンプルながらずっと眺めていたくなる作品です。

作品を見る

瀬頭 陽さんの「つつじは見つめる ミニ額絵」

小さな窓から覗く、静かに佇むつつじの木。毎日歩いている道の隅にいる草木や花を「わたしは気づいているのだろうか?」とハッとさせされます。“つつじは見つめる”という言葉がぴったりな、安らぎと気づきを与えてくれる作品です。

作品を見る

クラシコ写真店さんの「深空◆写真のある暮らし」

“心がポジティブになれる写真”を撮る、クラシコ写真店の葵貴大さん。宇宙に吸い込まれそうな深いブルー。そしてフレームの外にはどんな世界が広がっているんだろう? と、想像力が掻き立てられます。

作品を見る

oka emiさんの「花ゼリー」

どんより雨の日もあれば、水粒が跳ねて踊る雨の日もあります。そんな雨降りでも花々が笑って呼びかけてくれているような作品です。お部屋に飾ると、清々しい気持ちになれそう。原画なので、筆使いがダイレクトに伝わるのも魅力ですね。

作品を見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ