無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「銀だこ」No.1たこ焼きが最強の酒のつまみ!あのパリとろっの独特食感を生み出した創業者に直撃インタビュー

グルメ

ホッとできる場所に!その思いが体現された酒場

―日本国内は480店舗以上、海外には40店舗を展開。たこ焼きチェーンとして世界屈指の規模を誇る「築地銀だこ」ブランドから、2018年に新業態として誕生したのが「銀だこ大衆酒場」だ。

「10年前にスタートした『銀だこハイボール酒場』は、仕事帰りにたこ焼きをつまみながら“ちょい飲み”をするという文化を作りました。今度は、ファミリーで楽しんでいただける場所を作りたいと思ったのです」という佐瀬守男社長の言葉通り、週末には、昭和を思わせるどこか懐かしく親しみやすい店内に、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の客があふれ、温かな活気に包まれる。そのテーブルには、もつ焼きや刺身、おでんなど、思い思いの酒肴が並べられているが、その中心には必ずといってたこ焼きが据えられている。

「ホットランドという社名には、ホッとする場所という意味を込めています。この銀だこ大衆酒場は、まさにそれを体現する場所であってほしいですね」

社長おすすめNo.1メニュー/たこ焼4個

―佐瀬社長がイチオシするメニューは、もちろん看板商品の『たこ焼』(310円)。“皮はパリッと、中はトロッと、タコはプリッと”の独特な食感とうま味は、細やかなこだわりが幾重にも重なって実現し得るものだ。

「水分とオリジナルミックス粉の絶妙な配合により、“そのまま飲めるのではないか?”と思えるくらいの滑らかさを実現した生地に、素干しエビやカツオだし、青海苔など、それぞれの味と香りにこだわった素材を丁寧に混ぜ合わせます。使用するタコは丁寧に塩もみして、そして大ぶりに切り分けています」

―もちろん、焼き方にもこだわりが詰まっている。

「社員全員、当社の研修センターで2週間かけて、しっかり腕を磨いてもらい、さらに独自開発した“振動式たこ焼き機”がその技術をサポート。『築地銀だこ』ならではの味を、この酒場でも楽しめるようにしています」

―さらに、注目は、銀だこ大衆酒場の限定メニュー。お酒と一緒に食べておいしいメニューを開発しているという。

「変りダネで気に入っているのは、たこ焼きと一緒にチャンジャとクリームチーズを韓国海苔で包んで食べるメニュー。癖になる味わいですよ」

―ほかにもしらすがたっぷり乗ったたこ焼きなど、ここでしか味わえないメニューも。酒のつまみ感覚で食べられる味がそろう。

「今後はあらゆる地下鉄の出口近くに積極的に出店し、“たこ焼きをつまみに一杯”という楽しみ方を定着させたいですね」

社長おすすめNo.2メニュー/明太焼そば

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ