無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏の実家訪問で「やってはいけないこと」

恋愛・結婚

まだ結婚の話までは出ていない、交際中の彼氏から「実家に遊びにおいでよ」と言われたらどうしますか?

彼氏は「普段どおりでいいよ、うちは厳しくないから!」などと言うでしょう。でも、いつか結婚するかもしれない彼のママに会うなら、失礼がないようにして、好感度を上げたい……と思うのが女心。

あいさつ、服装、手土産はどうするのか? 順にお伝えしていきます。

実家訪問の服装は「婚活ファッション」で!

訪問前に準備しておくべきことから、順に考えていきましょう。まずお伝えしたいのは、なんといっても第一印象が重要、ということ。そのためには体の8割を覆っている服装がとても重要です。

実家訪問の服装、これが正解!

ひざ丈のフレアワンピースにカーディガンを肩がけし、つま先が隠れたローヒールのパンプスがいいでしょう。夏場でもストッキングは必須で、生足は避けます。

20代なら、黄色や水色などのさわやかなペールトーン。30代以上なら、黒や紺などの落ち着いた色を取り入れたいですが、ビジネスファッションにならないように注意しましょう。

ネイル、ピアス、アクセサリーなどについても、基本的には年相応の落ち着きがあり、通勤ファッション範囲のものに。今の時代、女性も「社会人としてまじめにきちんと働いているかどうか」を見た目で判断されるからです。

やってはいけない非常識な実家訪問の服装

ノースリーブやショートパンツなど、肩や足を出す服装は避けること。目上の方には、はしたなく映ります。

また、つま先の出たオープントゥのパンプス、かかとのないミュールやサンダルなどは生足で履く靴なので、適しません。足首に細いストラップがある、履くのに手間取る靴も、玄関でジタバタすることになるので避けましょう。

また、和室やローテーブルのリビングに通された場合、地べたに座る可能性もあるので、膝上のスカートやタイトスカートは避け、フレアのひざ丈スカートが無難です。

実家訪問のとき、スニーカーやパンツはNG?

スニーカーやパンツスタイルはどうかというと、個人的には反対です。スニーカーはどうしてもカジュアルな印象ですから、目上の方から見ると普段着に見えるからです。

パンツについてはアイテムやコーディネートにもよるのですが、ビジネスライク、メンズライクに見え、かわいらしさが出にくいので避けたほうがいいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ