無料の会員登録をすると
お気に入りができます

収納スペースあきらめないで!「扉裏収納」のスゴ技を調査♡

インテリア

収納スペースがないなら“扉裏”を活用!

デッドスペースを無駄なく使える

家に収納スペースがないと悩んでいる方はいませんか?それなら“扉裏”にご注目。扉の中に物をしまっても、実は扉の裏はスペースが空いています。

デッドスペースになっている場所を有効活用できるというわけ。そこで今回は“扉裏収納”を特集します。

キッチン

調理グッズをフックで収納

食品や食器、調理グッズなど物があふれているキッチンこそ、扉裏まで収納スペースにしましょう。扉裏にフックを付けておけば、調理グッズを引っかけて収納することができます。

こちらはキッチンバサミやスポンジを扉裏のフックに引っかけるアイディア。扉をさっと開くだけで簡単に取り出せます。

こちらはお菓子に使うシリコン型を扉裏に引っかけて収納。毎日使う物ならすぐに取り出せて、たまに使う物でも置いて邪魔にならないのが、扉裏収納のメリットです。

フック+収納ボックスで収納力アップ

扉裏にフックを付けて、収納ボックスを引っかけるとさらに収納力アップ。食品や調味料もしまえます。こちらはビタミン剤やプロテインをIN。

※落ちてしまうと危ないので、フックの耐荷重を確認してから使いましょう。

掃除道具をタオルバー+S字フックで収納

扉裏にタオルバーを付けてS字フックを引っかけるのも、収納力がアップするアイディア。キッチンで必要な掃除道具一式もバー×フックに引っかけておけば、すぐに取り出せて便利です。

ちなみにこの収納でおすすめなのが、100均セリアの「ストッパー付きS字フック」。バーに固定されるため、S字フックが落ちる心配がありません。

記事に関するお問い合わせ