無料の会員登録をすると
お気に入りができます

料理を格上げ。家にあるもので「手作り調味料」レシピ集[vol.2]

レシピ

1. こっくり味がクセになる「みそぼろ」

Photo by muccinpurin

日本が誇る発酵調味料・味噌。味噌汁や炒めものに大活躍の味噌に、鶏そぼろを合わせたその名も「みそぼろ」が、とにかく使えるんです。

炒めた鶏ひき肉に、赤みそや砂糖、みりんを加えて軽く煮詰めます。隠し味のしょうがを入れれば、味が引き締まって肉の臭みもなくなるので一石二鳥!

Photo by muccinpurin

合わせ調味料づくりが面倒な回鍋肉も、みそぼろがあればお手のもの。豚肉、きゃべつ、ピーマンを炒めてみそぼろを加えれば、これだけで味が決まります!

ほかにもゆでた中華麺にかけたジャージャー麺や、豆腐にのせればボリューム満点の冷奴になるなど、夏に向けたスタミナ料理に活躍してくれます。

2. 夏に向けたスタミナ調味料「ニラだれ」

Photo by muccinpurin

暑さや室内との寒暖差など、退職勝負の夏に向けたおすすめ調味料ナンバーワンが「ニラだれ」です。

刻んだニラとにんにく、しょうがを醤油、酢、砂糖などの調味料と混ぜるだけと簡単なのに、その材料からも分かる通り、とにかくスタミナ満点!

Photo by muccinpurin

納豆のたれ代わりにニラだれをかけた「ニラだれスタミナ納豆」は、いつもの何倍もパワーが出そうな1杯。生のにんにくを使っているので、お出かけ前には不向きなのが唯一の難点でしょうか。週末の朝に思い切りかき込んでくださいね。

そのほかにも冷しゃぶのたれにしたり、ゆでて冷水で冷やしたそばにかけて「ニラそば」にしたりと、この夏のスタミナを支えてくれそうな万能たれです。

3. シビレ旨辛!「ラー油だれ」

Photo by muccinpurin

ビリビリジリジリとした辛さがクセになる「ラー油だれ」は、どんな料理もひと匙で旨辛に仕立ててくれる、刺激的な調味料。

どこのご家庭にもある食べるラー油、砂糖、しょうゆ、酢を混ぜるだけで、魅惑の辛さを生み出します。

Photo by muccinpurin

暑い夏こそからだが辛いものを欲してきませんか?夏に登場回数が多くなるざるそばも、めんつゆにラー油だれをプラスするだけで刺激的な味わいに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ