無料の会員登録をすると
お気に入りができます

待望の日本初上陸!台湾発タピオカ専門店『WHO'S TEA』が成田にオープン

グルメ

日本初上陸!タピオカ専門店『WHO'S TEA』

台湾で話題のタピオカ専門店「WHO'S TEA(フーズティ)」が、日本第1号店として、6月28日(金)イオンモール成田にオープンします。

『WHO'S TEA』ってどんなお店?

こだわりは店内で手作りする生タピオカ

2011年に台湾の台中で1号店をオープンし、現在では台湾に40店舗、中国、アメリカなどに19店舗を展開する「WHO'S TEA」。

店内で手づくりする無添加の台湾製生タピオカにこだわったタピオカ専門店です。種類は、いちご、抹茶、黒ゴマ、マンゴーなどバリエーション豊富な品揃えで、タピオカドリンクの製造過程を、店頭で楽しむこともできます。

ひげマークが目印!

「WHO’S TEA」とは、中国語で「ひげ茶」という意味。ひげをブランドのモチーフとし、カップやストッパー、店内などさまざまな場所にブランドモチーフであるひげをデザインし、「WHO'S TEA」の目印として親しまれています。

おすすめメニューをご紹介

新鮮なタピオカからつくるドリンクは全部で15種類。ドリンク以外にもサンドイッチなど人気のフードメニューも販売されます。

・黒ひげミルクティー(M:¥600、L:¥700)
・白ひげチーズティー(M:¥600、L:¥700)
・台湾80年代ミルクティー(M:¥500、L:¥600)
・ミックスフルーツティー(M:¥600、L:¥700)

プレオープンキャンペーンを開催!

WHO'S TEAイオンモール成田店では、6月28日(金)15時~19時の間で、先着200名にタピオカドリンク1人一杯無料のキャンペーンが実施されます。

応募は、WHO'S TEA JAPANのSNSアカウントをフォローし、ハッシュタグ「#フーズティー」 をつけてSNSに投稿するだけ!話題のタピオカをいち早く味わって、SNSに投稿してみてくださいね♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ