無料の会員登録をすると
お気に入りができます

飲むモンブラン!? 無印良品「栗グリーンティー」が甘党の間で話題

無印良品から発売されている「栗グリーンティー」が、まるで “飲むモンブラン” だと話題になっています。しかもベースは無糖の緑茶なのでカロリーはゼロ。飲むモンブランとのうわさは本当なのか、実際に飲んでみました!

muccinpurin

グルメ

話題の “飲むモンブラン” って!?

Photo by muccinpurin

数々のヒット商品を生む無印良品ですが、今一番の注目株が「栗グリーンティー」。なんと、グリーンティーなのにモンブランの味がするというんです。

“飲むモンブラン”とまで表現される栗グリーンティーが、どのくらいモンブランに近いのか気になりますよね。

秋には生の栗から渋皮煮を作り、モンブランを手作りするパティシエの筆者が、 “飲むモンブラン” を体験してみました。

見た目は透明なお茶そのもの。でも…

Photo by muccinpurin

「栗グリーンティー」100円(税込)

夏を前に、無印良品ではドリンクが充実中。特に○○×グリーンティーシリーズはさまざまなフレーバーが楽しめるとあって、リピーターも多いんですよね。

今回ご紹介する「栗グリーンティー」も、見た目はお茶そのもの。500ml入りで税込100円と、コンビニでお茶を買うのと変わらない値段です。

Photo by muccinpurin

こんなにクリアなのに本当にモンブランぽいのかと、キャップを開けた時点でもまだちょっと疑っていた筆者。

が、注ぎ始めた瞬間そのもやもやは晴れました。これは紛れもなくモンブランの香り……!

しかもどちらかといえば、渋皮ごとペーストにした系のモンブランのイメージです。とにかく甘くいい香り!目の前にあるのはお茶なのに、香りはモンブランで脳がびっくりしています。

香りは栗。味はどうでしょう…

Photo by muccinpurin

香りをかいだだけでは想像以上にモンブランです。でも肝心なのは味。さっそく初めての “飲むモンブラン” 体験です。

普通のペットボトルのお茶と比べると、かなり甘く感じます。「あれ?砂糖は入っていないはずだし……」と原材料を確認したところ、やはり砂糖は無添加。つまりカロリーはゼロ。甘いとはいっても砂糖の甘さとは違う、ほっこりとしたやさしい甘さです。

さて、モンブランっぽさはどうかというと、口に含んだ瞬間の栗の香りと甘さはかなり近いものを感じます。そのあとに追いかけてくる渋みはおそらく緑茶本来のものですが、このほのかな渋みもモンブランっぽさを演出しているようです。

Photo by muccinpurin
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ