無料の会員登録をすると
お気に入りができます

はんにゃ川島の妻、癌手術後に夫が見せた気遣いに感激「もはや尊敬」

エンタメ

(gorodenkoff/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

お笑いコンビ・はんにゃ川島章良の妻でブロガーの菜月さんが3日、自身のブログを更新。癌手術後に、川島が見せた気遣いに感激したことを明かした。

ブログ

■手術後なのに笑顔

この日、「結婚前のお話」というタイトルでブログを更新した菜月さん。読者から川島のどこに惹かれて交際、結婚を決めたか質問され、「とにかく精神的に強い」と、彼の魅力を結婚前のエピソードを交えて語り始める。

2014年11月に腎臓癌が見つかり、その年末に摘出手術を受けたことで知られる川島。手術後、傷口が痛むうえ、40度近い熱が続いて意識が朦朧としている中、菜月さんを心配させまいと目が合うと笑いかけてくれたという。

■「惹かれたところというかもはや尊敬」

その後、少し回復してくると、川島はなぜか「傷が痛い」と言いながら笑い始める。この姿を見て、菜月さんは安心し、「人生で一番笑ったんじゃないかというくらい」爆笑したという。

そして、「自分がしんどい思いをしている時でも私を気遣い笑顔でいてくれた」「もう惹かれたところというかもはや尊敬しているところですね」と、夫の知られざる一面について語ったのだった。

■妻・夫ともっとラブラブになりたい?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の既婚の男女785名を対象に「妻・夫ともっとラブラブになりたいか」調査を実施したところ、全体の約4割が該当。川島夫妻のようにラブラブになりたいと思う人は少なくないようだ。

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でドッキリにかかった際、妻への深い愛情が話題になっていた川島。今後も夫婦二人三脚で頑張ってほしい。

妻への深い愛情

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代の既婚男女785名

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ