無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腿裏ストレッチで太もものボリュームダウンが叶う!?

美容

腿裏ストレッチで、太もものボリュームダウン!?

スラッと太もも目指して、表裏の筋肉のバランスを視覚でチェック!

もも裏の筋肉は、主に膝下を後ろに曲げる動きの主役です。もも表側が収縮しているときには伸展し、もも表側が伸展しているときには収縮しています。

表側が盛り上がっているならば、伸張しているもも表側のストレッチは必要ないのでは? とお思いになるかもしれませんが、実は表裏どちらも硬い場合がほとんど。そこで、ももの表裏の筋肉バランスや筋肉のコンディションを整える方法の一つに、もも裏ストレッチを適度に取り入れることをおススメします。

腿裏の筋肉を実感してみましょう

もも裏の筋肉を、触って確認しましょう。

図を見ながら、もも裏ストレッチの主役・大腿二頭筋がどのあたりにあるか確認してみましょう。大腿二頭筋は、イスに座ったときに支えになるお尻部分の骨(坐骨)と太ももの骨と、膝をまたぎ、すねの骨を繋いでいる筋肉です。

■もも裏ストレッチと内ももの隙間の関係
大腿二頭筋と一緒にストレッチされる筋肉は、もも裏の内側の筋肉(半腱膜様筋)です。内ももの隙間が欲しい人、ももをスッキリさせたい人が今回ご紹介するストレッチをお試しになると、盲点だったことを実感されるストレッチです。

身体が硬い人でも大丈夫!な腿裏ストレッチ

表側の筋肉が硬くなり盛り上がっている人の多くは、もも裏ストレッチがお好きではないご様子です。それは、背中や腰、ふくらはぎや足首、足裏といった身体背面全体の硬さを実感するストレッチを経験したためではないでしょうか。今回ご紹介するストレッチは、主に大腿二頭筋をメインとしたストレッチですので、ぜひフレッシュな気持ちでお試しください。

ストレッチをするときのポイント

気分がよいとき、身体はスッキリしていませんか?

■力加減
ストレッチの力加減は、リラックスできるくらいがベスト。今までストレッチが痛くて嫌になっていた人は、ほどよく行った時の気持ちよさやコンディション、シルエットの変化の違いを観察していきましょう。

■メンタル

イライラしたり焦りがちの人は、豪快に動かし、すぐに結果が見えないと、またイライラするというサイクルに陥りがちですが、だからこそ、ストレッチでコンディションを整えてはいかがでしょう。なぜなら、心の緊張と筋肉の緊張は相互関係だからです。心を穏やかにし、筋肉の緊張を緩和する一つのツールだと思って、結果が出る状況を整えましょう。

■呼吸
呼吸は自然呼吸で大丈夫。深呼吸をしたい場合もあくまで気持ちよく行いましょう。息を吐くときは副交感神経が優位になります。穏やかな呼吸とともに行えば、身心共にいいリラックスタイムになりますよ。

■時間
1ポーズは20~30秒程度を目安に行いましょう。気持ちが良ければもう少し行っても構いません。

腿裏ストレッチのやり方

脚幅は、股関節の広さを目安にしましょう。

1. 床に膝下をつき、片脚を立てます

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ