無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今夜はどれ作る?みんなが気になった「トマト」レシピランキング

レシピ

10位「トマトとホタテのきらきらジュレサラダ」

Photo by macaroni

料理はまず、見た目から♪ ポン酢をゼラチンで固めてジュレにすれば、いつものトマトサラダも涼しげな夏仕様になりますよ。光が反射したゼリーは、トマトの上でキラキラと輝いて、ごちそう感もアップします!

ポン酢以外にもお好みのドレッシングでアレンジできます。ゼラチンは熱に弱いので、かならず火を止めてから加えてくださいね。

レシピはこちら|macaroni動画

9位「アレンジ無限大!トマトバジルソース」

Photo by macaroni

シンプルな料理ほど、丁寧に作ることで格段においしさがアップします。夏の完熟トマトを使った「トマトバジルソース」もそのひとつ。

湯むきをすることで食べたときに皮が口に残らず、とても食べやすく仕上がります。フレッシュバジルの香りも、自家製ならではですね。

「ちょっと熟れすぎたかな……」というときは、まとめてトマトソースを仕込んでおきましょう。保存が効くので、いろいろな料理のアレンジに使えますよ。

レシピはこちら|macaroni動画

8位「ズッキーニのスパイシートマトスープ」

Photo by macaroni

夏に食べごろを迎える野菜は、トマトだけではありません。みずみずしいズッキーニや玉ねぎと合わせて、夏を丸ごと味わえるトマトスープに仕上がっています。

カットトマト缶を加えてじっくりと煮込んだら、仕上げにタバスコを数滴たらして辛みをプラスしましょう。辛い物が食べたくなる夏にぴったりのスープです。

レシピはこちら|macaroni動画

7位「肉巻きトマトのガリバタ焼き」

Photo by macaroni

お手頃価格で手に入る夏こそ、火を通した調理でトマトを味わうチャンスですよ。豚肉を巻き付けてバターを敷いたフライパンで両面をこんがりと焼いたら、仕上げはしょうゆを加えて。鉄板味のバター醤油で、間違いないおいしさです。

トマトは完熟よりも少し硬いものを選ぶと、形を崩さずにきれいに焼くことができますよ。生とは違ったジューシーなおいしさを堪能できるレシピです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ