無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“持ちすぎない暮らし”を実現!洋服の断捨離基準は明確に

ライフスタイル

こんにちは、ライターのeriです!
24坪の小さな平屋に家族4人で暮らしています。

こんにちは、ライターのeriです!
24坪の小さな平屋に家族4人で暮らしています。

数年前から『断捨離』という言葉を見聞きするようになり、私もブームの最中にどっぷりとハマり、家の中のものを2年ほどかけて断捨離しました!

特になかなか手放せなかったのが、洋服。
クローゼットには着てないけれど、捨てられない洋服でいっぱいでした。

今回は、そんな私が行っている「洋服の断捨離」方法をご紹介します。

断捨離するタイミングは年2回の衣替え

春夏・秋冬の年2回、家族全員の洋服を衣替えしています。
その時に来年持ち越すものと、今年でサヨナラするものと分別するようにしています。

普通は衣替えをしたあと、断捨離すると思いますが、我が家は衣替え前に行います。
そうするとクローゼットに片付ける量も減り、来シーズンの衣替えが楽になります!

断捨離する基準は?

断捨離する基準はとっても簡単にしています。

『今年着なかったもの』

今年手に取らなかったものは、きっと来年以降も着ないな~というシンプルな理由です。

子ども服はサイズアウトしたもの、汚れが目立つもの、着古して劣化したものは潔く処分!
基本的に子ども服はお下がりにせず、少ない数を着倒します。

処分する理由がシンプルなので迷わず片付けることができます。

我が家で大活躍のマワハンガー

断捨離してお気に入りの洋服だけを残すようになったので、クローゼットの空間にも拘りたくなり、以前から気になっていたマワハンガーに思い切って買い換えました!

大切な洋服のシルエットをキレイに保つことができるマワハンガーは、スリムなデザインで、たくさんかけても幅をとらず、見た目もスッキリで気に入っています♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ