無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットのスケジュール!太りにくい理想的な1日の流れを解説

美容

ダイエットのスケジュール!理想的な1日の流れとは?

1日のスケジュール

ダイエット成功の法則は、食事制限やキツイ運動だけではありません。無理のある健康的でないダイエットは、体に負担が大きいだけでなく、やめれば戻ってしまうリバウンドのリスクもあります。そこで、まず先に改めるべきことは、時間の使い方、1日のスケジュールです。

太りにくく痩せやすい1日の過ごし方を習慣にして、心身への負担なく痩せ体質に変えましょう。ダイエットを成功させるための理想の生活習慣を提案します。

<ダイエットに理想的な1日のスケジュール>

6時:起床 早寝早起きで生活リズムを崩さない!

1日のスケジュール

ダイエットの基本は、早寝早起きで生活リズムを崩さないことです。

遅寝遅起きで体内時計が狂い始めると、ホルモンバランスなどの体内機能が乱れるため、代謝が落ちるなどの悪影響により太りやすく痩せづらい体質になってしまいます。
特に女性は、女性ホルモンのバランスで体調が変化しやすいので、生活リズムを守ることはとても重要です。

毎日決まった時間に、そして太陽が昇り始める時間にはきちんと目覚めましょう。なかなか目が覚めないときは、熱めのシャワーで交感神経を優位にしましょう(ぬるめのお湯よりも熱めのシャワーにしましょう)。体がスッキリしたところで、簡単なストレッチをすると、血行が促進されて1日の代謝も上がりやすくなります。

7時:朝食 主食の基本はご飯

1日のスケジュール

朝食の基本ルールは、主食をご飯にすることです。パン食は手軽ですが、合わせるおかずがウィンナーや油で焼いた目玉焼き、ジャムやバターなど脂質の多いものに偏りがちです。

さらにパンは砂糖やバターも含んでいるため、同じカロリーでもご飯より太りやすい主食と言えます。

ご飯であれば、焼き魚や納豆、おひたし、お味噌汁などヘルシーな組み合わせになりやすく、またご飯そのものにも、太りやすい砂糖やバターが含まれていないので安心です。

ご飯を主食とし、野菜メニューとタンパク質メニューが揃った1汁2~3菜をいただきましょう。ビタミンやミネラルを手軽に補給するためにスムージーなどを加えるのも良いですね。

8時:外出 体を少し動かして1日をスタート!

1日のスケジュール

通学、出勤など外出の予定がある人もない人も、朝食の後は太陽の光を浴びて体を少し動かすために外に出るのがおすすめです。

太陽の光を浴びることで体内時計にスイッチが入り、自律神経やホルモンバランスなど体の各機能が活発になります。朝食のカロリーを消費して血糖値を上げない効果も期待できます。軽いウォーキングでも十分です、体を少し動かして1日を始めましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ