無料の会員登録をすると
お気に入りができます

神奈川・箱根 強羅に新たな旅を提案するホテル「箱根 ゆとわ」がOPEN

旅行・おでかけ

2019年8月11日(日)、神奈川・箱根 強羅に「箱根 ゆとわ」がオープンしました。ミレニアル世代(20~30代前半の若者)をターゲットとした、新しい旅スタイルを提案する新感覚ホテルをご紹介。

新しい体験ができる「箱根 ゆとわ」

「箱根 ゆとわ」は「箱根・強羅から始まる新たな旅」をコンセプトに今までの旅スタイルとは違った経験を提案する新感覚のホテルです。気の合う人と「空間」や「体験」を共有(シェア)することがトレンドのミレニアル世代に向けて、ここでしか味わえない「非日常感」を演出してくれます。

「箱根 ゆとわ」の新しい旅スタイルとは?

新しい旅スタイル①

今までのホテルにはあまりなかった、大きなパブリックスペースが2つ設けられています。一つ目の「スパラウンジ・ナカニワ」ではウッドデッキに足湯や焚き火炉などがあります。2つ目の「ライブラリーラウンジ」には約700冊もの蔵書があり、ゆったりと時間を過ごすことができます。

新しい旅スタイル②

客室タイプは「ホテル」と「コンドミニアム」の2種類。少ない人数で「ホテル」タイプに泊まるもよし。大人数や中長期の滞在で「コンドミニアム」タイプに泊まるもよし。様々なシーンで選べる客室がそろっています。

新しい旅スタイル③

夕・朝食付きのプランはなんと追加料金を気にせず楽しめる「オールインクルーシブ」のサービス。レストランはもちろんアルコールやパブリックスペースの利用やドリンクなどもすべてフリー。好きな人たちと好きな場所で好きなだけ楽しめる、新しいスタイルのホテルです。

「箱根 ゆとわ」のパブリックスペース

「スパラウンジ・ナカニワ」(西棟2階)

ここでは仲間同士で楽しんだり、お風呂上りにゆったりとできる自由なスペースです。温かみのあるウッドデッキには自家源泉の足湯や、焚き火炉(ガス式)があり、昼でも夜でも楽しめるスペースとなっています。また、可動式のオーニングも設置されているので多少の雨でも楽しめます。

「ライブラリーラウンジ」(東棟2階)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ