無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パンとパイの融合?業務スーパー「パラタ」の使い道はカレーだけじゃない

グルメ

魅惑のサクサク食感!パラタが日本で食べられる♪

Photo by muccinpurin

インドや東南アジアを旅する方にはおなじみですが、まだまだ日本では知名度が低い「パラタ」。パイとパイのあいだのような粉ものですが、控えめな見た目とは裏腹に、一度食べるとその食感に魅了されるおいしさなんですよ。

今回は、業務スーパーで取り扱われている「パラタ」を使った、お手軽アレンジレシピをご紹介します。冷凍品なので、ストックしておけばアイデアしだいでいろいろな楽しみ方が広がりますよ♪

サクサク食感がたまらない「パラタ」

Photo by muccinpurin

「パラタ」198円(税別)

「パラタ」はインドやマレーシアなどのインド系の人々が愛する、パンとパイのあいだのような粉もの系スナックです。

現地では、お店で生地を伸ばした焼きたてを味わえるほか、今回ご紹介するように生地が冷凍になってスーパーで売られています。

東南アジア好きな筆者も現地でハマり、日本でも同じものを探しましたが、なかなか見つからず探すのを断念。今回業務スーパーで取り扱っているのを発見し、あまりの嬉しさに小躍りしながら喜びました。

Photo by muccinpurin

生の生地を伸ばしたものが冷凍になっているので、食べる前に焼く必要があります。生地はナンよりもずっと薄い2ミリほどなので、短時間で調理できるのもうれしいポイントです。

薄く伸ばされて生地は生地同士がくっつかないように、フィルムで挟まれています。焼くときは冷凍のまま焼くので、使う分だけ冷凍庫から取り出してくださいね。

生地が溶けるとフィルムがはがしずらいので、焼く直前に冷凍庫から出すようにしてください。

まずは王道の食べ方をご紹介♪

Photo by muccinpurin

インドやマレーシアでは、パラタは朝ごはんやおやつ的な位置づけで食べられています。お店でパラタを注文すると、もれなくカレーがついてきます。筆者もはじめ「あれ?カレーは頼んでないけど……」とその食べ方に驚いたものでした。

パラタを手でちぎって、このカレーに浸けるのが定番の食べ方。フォークとスプーンがセットでついてきて、皆さん器用にスプーンでひと口サイズに切って食べているのが印象的でした。

Photo by muccinpurin

カレーとは言っても、とろみのある日本のカレーとは違って、さらさらしたスパイシーなカレー。魚や野菜をじっくりと煮込んで旨みが溶け込んだカレーを、ちぎったパラタに浸してお腹を満たします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ