無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こだわり満載!箱根の個性派パン屋さん5店

グルメ

箱根はバラエティ豊かな個性派ベーカリーの宝庫

首都圏からほど近い観光地、温泉地として人気の箱根。さまざまな魅力があるなか、パン好きの私は箱根を訪ねると必ずといっていいほど、パンをお土産に買ってきます。創業100年を超える老舗店からロケーション抜群のニューフェイスまで、店舗ごとにバラエティに富んだ商品を揃えていて、何度訪れても楽しい。今回は私も通う5つのベーカリーをご紹介します。

<INDEX>

ベーカリー&テーブル箱根
箱根ベーカリー 箱根湯本本店
渡邊ベーカリー
ベーカリー&スイーツ“PICOT”
ベーカリー&デリカテッセン 箱根カフェ

ベーカリー&テーブル箱根
箱根ベーカリー 箱根湯本本店
渡邊ベーカリー
ベーカリー&スイーツ“PICOT”
ベーカリー&デリカテッセン 箱根カフェ

芦ノ湖を望む足湯テラスが特等席
「ベーカリー&テーブル箱根」

まず始めにご紹介するのが、芦ノ湖畔にある「ベーカリー&テーブル箱根」。創業は2013年と比較的新しいものの、今や芦ノ湖のランドマーク的な存在です。こちらは、昭和12年(1937)創業の日本における高原リゾートの草分け「赤倉観光ホテル」(新潟)に伝わるパンづくりを受け継いでいます。

2階かカフェ、3階はレストラン

芦ノ湖に面した入口の脇には、湖を一望できる足湯テラスが設けられています。ここではベーカリーでテイクアウトしたパンや、屋外テラスのパーラーのドリンクを楽しむことができます。足湯テラスはカウンター席で席数も限られるため、オープン直後が狙い目。

足湯テラスからは芦ノ湖が目の前に

1階ベーカリーのショーケースには、奥の工房で焼きたてのパンがズラリ。希望のパンを伝票に書いて購入するシステムですが、飛ぶように売れていき、パンの種類が次々に変わっていきます。1日をかけて約70種類ほどが並ぶそう! 季節のフルーツや野菜を使ったパンも登場します。

1階ベーカリーでは1日に約70~80種のパンが並ぶ

定番商品の中から、お気に入りをご紹介します。まずは基本のクロワッサン。小ぶりですが、バターの芳醇な香りとほんのりとした甘みが感じられ、外はカリッ、中はしっとり。アップルパイは生地がサクサクでリンゴの甘煮はナチュラルな甘さ。軽い食感でペロリといけます。

左/アップルパイ300円、右/クロワッサンH180円(いずれも性別)

キューブ型がかわいい箱ねは、デニッシュ生地にレンコン、ゴボウ、ニンジンがゴロゴロと入り、食べ応え充分。ショコラクランベリーもチョコレート、クランベリー、ナッツが生地からはみ出さんばかり。甘さ控えめの大人味です。

左/箱ね200円、右/ショコラクランベリー290円(いずれも税別)

東府や米粉のカレーパンは、表面にライスクリスピーがプチプチと付き、もっちりとした食感。中には卵が丸ごと1個入り、ボリューム満点!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ