無料の会員登録をすると
お気に入りができます

慌てない。「動じない人」の特徴

職場において、ミスやトラブルが起きたとき、落ち着きがあって動じない人がいると助かりますよね。自分も慌てずに、常に冷静な判断ができるようになりたいと思うことはありませんか? この記事では、何事にも動じない人の特徴と、動じない人になる方法について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説してもらいました。

小日向るり子

ライフスタイル

職場やプライベートで予測しなかったことが起きたときに慌ててしまう癖はありませんか?

物事に動じず冷静に判断して対処できている人を見ると、うらやましいと思うと同時に「自分もあんな風になりたい」と思うのではないでしょうか。

今回は、何事にも動じない人の心理的特徴を分析するとともに、「動じない人」になるためのアドバイスをお届けしたいと思います。

動じない人の特徴とは?

それではまず、物事に動じない人の特徴を挙げていきたいと思います。

(1)理念がある

動じない人には理念があります。

理念は目的とは異なります。

目的とは「お金持ちになる」や「素敵な男性と結婚する」といったように欲求や欲望に基づく目的地ですが、理念とは私利私欲関係なく『物事はこうであるべきだ』という自分の中の正義です。

たとえば、お笑い芸人が「売れてお金持ちになりたい」というのは目的ですが、「世界中のひとりでも多くの人に笑いを届けたい」というのは理念です。

現代は欲望を刺激するものであふれています。

しかし、理念には私利私欲が関係ないため、そうした欲望に絡むさまざまな出来事を意に介しません。

その結果、物事に対して冷静に対処することができるのです。

(2)選択肢が多い

「動じない人」と聞くとどっしりと構えた頑固な人を想像する人も多いと思いますが、それは外から見た姿で、心の中はとても柔軟でたくさんの選択肢を持っています。

人は選択肢が少ないとその選択がうまくいかないときに動揺してしまうものです。

選択肢は多ければ多いほど、心の余裕につながります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ