無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悪い男は「だからお前はダメなんだ」と自己肯定感を下げてくる

恋愛・結婚

お嬢さん。

幸せな恋愛をゲットするための、たったひとつの冴えたやり方をご存じでしょうか?

それは「悪い男に捕まらない」こと。

いいですか?

この世には、貴女の心と身体を奪おうとする獣や悪魔がたくさんいます──いま、この画面を見ながら想像したよりもずっと。この連載では、そんな「悪い男」の手口を紹介していきます。

それをどうか心の中にファイルしてください。危ない色のファイルですが、いつか役に立つときがくるはずですから。

本日の恋愛ブラックファイル

「だからダメなんだよ」
「俺がいないと何もできないよな」
「お前は俺がいないと生きていけなさそうだ」

わかりますか。

この、ネガティブなレッテルを貼ってくる感じ。こっちのキャラを決めつけてくる感じ。さらっと雑談のなかで、愛想笑いで聞き入れてしまうかもしれません。

なんとなく耳にしながら、

「あれ、私ってダメなのかな」
「この人のほうが正しいんだろうな……」
「もっと言うことを聞かないといけないのかも」

なんて考えてしまうかもしれません。

そんなことを言う男性に限って、ちょっと頭がよさそうだったり、リードするタイプだったりします。正しい発言のような感じがするわけです。はあ、と納得しそうになるかもしれません。

彼はことあるごとに「お前はこういうやつだ」式のレッテル発言をくりかえします。

すると、彼と顔をあわせるごとに自分がどんどんダメな人間に思えてくるのですね。そのダメ出しもエスカレートします。

自分は彼が言うような人間なんだ。価値がないんだ。もう彼という存在がないとダメな気がする。彼なしでは生きられないかも……。

ダウト!

お嬢さん。それが悪い男のブラック恋愛術なのですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ