無料の会員登録をすると
お気に入りができます

乾燥や肌荒れに悩まない!正しいお風呂の入り方

美容

正しいお風呂の入り方

godmake.me

ぬるま湯に短時間浸かる

乾燥肌の方が熱いお湯に長く浸かってしまうと、肌の乾燥を悪化させてしまいます。肌には、保湿成分として「セラミド」という物質が存在します。お湯に浸かって肌がふやけると、このセラミドという成分が、外に流れ出てしまいます。

乾燥している肌は、セラミドが足りていない状態です。そこにさらに熱いお湯に長時間浸かってしまうと、さらにセラミドが減少します。健康のために長くお風呂に浸かりたい!と思うかもしれませんが、肌の乾燥や肌荒れしないように考えるならば、ぬるま湯に短時間(10分~15分)浸かるようにしましょう。

ぬるま湯とは、38~39度のお湯です。

湯船に浸かる前に体を洗う

垢すりなどを行う場合は、しっかりと湯船に浸かり、肌を柔らかくしてから行うことが一般的です。

しかし、肌を乾燥や肌荒れから守るためには、湯船に浸かる前に体を洗いましょう。先ほども説明したように、濡れてふやけてセラミドが流れ出した肌は大変デリケートです。その状態でゴシゴシとこすってしまうと、かなりのダメージになります。

そうならないよう、湯船に浸かる前に、優しく洗うのがベストです。

優しく手で洗う

肌が乾燥していたり、荒れている場合に、ボディタオルなどを使用すると、それだけで刺激になってしまうことがあります。最近では、優しい肌あたりのボディタオルなども多く販売されていますが、一番安心なのは手です。

しっかりと石鹸やボディソープをあわ立てて、手で肌を包み込むように優しく洗いましょう。どんな肌状態でも、ゴシゴシこするのはNGなので注意してくださいね。

髪を洗ってから体を洗う

シャンプーやトリートメントをしてから、体を洗うことも大切です。しっかり体を洗った後に、シャンプーやトリートメントを流してしまうと、背中などに、シャンプーなどの成分が残ってしまうことがあります。

そうなると、毛穴が詰まって背中ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

順番でいうと、髪を洗う→体を洗う→湯船に浸かる、という順番が正しい順番です。先に体を洗っていた!という方は、この順番に直すだけでも、背中の肌荒れなどが改善しますよ。

水分が残った状態でボディクリームを塗る

皆さんは、どのタイミングでボディクリームを塗っていますか?お風呂から上がってひと段落したら…という方が多いのではないでしょうか?実は、それでは少し遅いのです。

ボディクリームは、お風呂から上がってすぐ、体が少し濡れた状態で塗るのがベストです。肌は思っているよりも早いスピードで乾燥していきます。しっかり水分を拭き取った後の保湿では、不十分なのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ