無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いま鍛えるべきはズバリ“舌”! 美容効果バツグンの「小顔舌トレ」にTRY

美容

2

前歯を通って反対側に移動し、同様に歯茎を押しなぞる。1〜2を5回繰り返して。

大きく舌を動かすため、舌を支えるインナーマッスル「舌骨筋」全体を鍛えることができる。

フェイスラインすっきり、あごのもたつき解消に 舌ねじりタッピング

普段行わないねじりの動作で舌全体をしなやかに鍛え、左右運動によるあご下の動きが二重あごを予防。続けることで輪郭もシャープに。舌の根元にある唾液腺を刺激するため、美肌ホルモンであるパロチンの分泌も促進。

1

口を開き、舌先で舌裏の根元を触る。舌を丸めたまま、表面が右を向くようにねじる。

2

舌をねじった状態で、舌の根元を左右交互に10回タッピング。反対にねじり、同様に。

舌骨筋全体の強化が可能。中でも、あご下にあるハンモック状の筋肉「顎舌骨筋」に効果アリ。

唾液の分泌を促しむくみ流し エラすっきりマッサージ

日頃食いしばりグセがある人は、咬筋が凝り固まってガチガチに。圧をかけてほぐしながら老廃物を流してあげることで、むくみが解消してエラもスッキリ。外側から唾液腺を刺激することができるので、唾液量もUP。

1

手を握ってあごの骨上に手首を当てたら、小指下のふくらみを使って強く押し上げる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ