無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ガッツリ運動」よりも「細切れ運動」が痩せる!細切れ運動の効果とは?

美容

運動のしすぎは良くない!?

godmake.me

運動は、健康づくりのために必要ですが、やりすぎは良くありません。むしろ、運動のしすぎは健康を損ねることもあるのです。

筋肉に負荷をかけると、筋肉の細胞は一度壊れ、回復するときに細胞が増えるため、筋肉が増えるといわれています。もちろん、その際にたんぱく質や糖質など、必要な栄養素を補うことも大切です。

激しい負荷をかけ続けると、細胞の回復が追いつかず、逆に筋肉が増えなくなってしまいます。

細切れ運動が良い理由とは?

godmake.me

ウォーキングでいうと、

・1日30分ウォーキングをする
・1回10分ウォーキングを1日3回する

上記の2つでは、健康効果はどちらも同じという報告があります。要するに、運動の合計時間が同じであれば、何度かに分けて運動しても効果は変わらない、ということ。

また、「減量」という点においては、後者の細切れウォーキングのほうが高いのではないか、といわれています。

「1回30分運動しましょう」と言われても、ハードルが高く感じてしまいます。しかし、細切れ運動で10分歩く×3回、と言われると、やってみようかな、という気持ちになることも。心理的な面も大きく関与していると考えられます。

30分ダラダラと運動するより、細切れに集中して運動するほうが良いわけですね。

運動すると体脂肪燃焼に良いのはなぜ?

godmake.me

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があり、それぞれ異なるはたらきがあります。

白色脂肪細胞

一般的に「脂肪」として知られているのは、白色脂肪細胞のことです。過剰なエネルギーを中性脂肪として体内に蓄えられるもので、体脂肪が増える原因となります。

褐色脂肪細胞

白色脂肪細胞と逆のはたらきをし、脂肪を減らします。脂肪細胞ではありますが、その脂肪を燃やし、エネルギーを消費するといわれています。成人では、加齢とともに減少していきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ