無料の会員登録をすると
お気に入りができます

同じ布団でくっついて寝ることが夫婦円満の秘訣!

恋愛・結婚

【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。

31歳からの恋愛相談室

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。

ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

一番の秘訣は「ありがとう」「ごめんなさい」

同じ布団に寝ていますか? その前に同じ部屋で寝ていますか?

夫婦円満の秘訣は、夫婦の数だけあるのだろうと思います。そのなかで、「同じ布団で寝ること」についてお話ししたいと思います。

その前に、まず夫婦円満の秘訣を集約すると、究極は「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えること。根底に「相手を尊重する気持ち」があれば本来は素直に出てくるもの……のはずです(たぶん)。最初の結婚で「結婚してあげた」という傲慢さがあった筆者にはそれが欠けておりました。だからこそ、再婚して夫婦円満な今、秘訣としてお伝えしたいのです。

「ありがとう」をちゃんと伝え合うことができれば、世の中の夫婦喧嘩の80%ぐらいは消えてなくなるのではないでしょうか。ところが慣れとともに「言わなくてもわかるだろう」「察してほしい」になり、不穏な空気が流れてしまうわけです。

「ありがとう」の反対は、「当たり前」。という説がありますよね。

・夫が仕事をして稼ぐのは、当たり前。
・妻が家事や育児をするのは、当たり前。
・女は、家事ができるもの。子どもが好き。
・男は、女を守るべき。妻と子を全面的に支えるもの。

そんな「当たり前」が感謝を忘れさせてしまうのです。

さらに、

・自分の母親がやっていたことは、妻もできるだろう。
・自分の父親ぐらい、夫にもしっかりしてもらいたい。

これも「当たり前」の条件につい入れてしまっている人も多いはず。でも、女性にも「子どもが好きじゃない人」はいます。そして、子どもが好きだからといって自分の24時間を365日犠牲にするのは辛いものです。筆者も保育士でしたが、長女を産んだとき「かわいいけれど、8時間で帰ってくれないのってしんどいなぁ」と嘆いておりました。やっぱりサポートが必要なのです。

男は強くあるべき……なんて、時代の流れとともに、すでに廃れているように思えて、やっぱり「お姫様扱い」してくれるやさしくてしっかりした理想の男性像は、女性の心のどこかに残っているもの。

でも、男の強さの源って、実は「かっこつけ」や「コンプレックス」であることが多いように思います。

「守りたい人」がいるから強くなれるのは女。
「支えてくれる人」がいるから強くなれるのが男。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ