無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[苔アート]「モシュ印・コケ寺リウム」展示開催

旅行・おでかけ

2019年9月1日(日)~2019年12月8日(日)の期間、京都市内の8つの寺院で「苔」を用いたアート作品 「モシュ印 」・「コケ寺リウム」の展示会が開催されます。

広がる「苔」ブーム

近年、ひそかにブームとなりつつある「苔(こけ)」。テレビで特集を組まれることも多く、苔スポットをめぐる「苔旅」や苔を模した「苔パフェ」が話題になるなど、苔ブームはさらに広がりつつあります。

苔アートの展示会「モシュ印・コケ寺リウム」が開催

2019年9月1日から2019年12月8日までの期間、京都市内の8つの寺院で苔の展示会が開催!苔を用いたオリジナルアート「モシュ印」・「コケ寺リウム」が展示され、苔アートの独特な世界観に浸ることができます。

「モシュ印」・「コケ寺リウム」とは?

モシュ印

「モシュ印」とは、苔の英訳である「moss(モス)」と、「御朱印」を掛け合わせた造語。御朱印の文字を苔で描いており、各寺院で高さ1.5メートルほどの大きさで展示されます。

コケ寺リウム

コケ寺リウムは密閉したガラス容器の中に、各寺院のジオラマと苔で庭園を再現したもの。小さくも精巧なミニチュアアートです。

会場は京都市内の8つの寺院

会場となるのは以下8つの寺院。すべて京都市内の歴史ある寺院です。

・三千院

・圓光寺

・建仁寺

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ