無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マロン感が想像以上。カルディ「マロンケーキ」は栗のダブル使いがすごい

グルメ

カルディに実りの秋到来

Photo by muccinpurin

9月も下旬、すっかり季節は秋模様。カルディの品ぞろえも、いつの間にか秋アイテムが主役になってきました。

秋は芋、栗、かぼちゃなど魅力的な食材ばかりで、うれしい悲鳴が起こる季節。今回ご紹介する「マロンケーキ」も、買って損はないおいしさだったので、その魅力を紹介します。

とにかく栗がぎっしり!「マロンケーキ」

Photo by muccinpurin

「マロンケーキ ホワイトチョコレート使用」453円(税込)

カルディのこのパウンドシリーズといえば、ベーシックなホワイトチョコケーキにはじまり、瀬戸内レモンを使ったさっぱり系など、季節によってさまざまなバリエーションが登場する人気のアイテム。

今回は秋ということで、栗を使ったマロンケーキが発売されています。栗を連想させる黄色とこげ茶の秋らしいパッケージには、マロンケーキの写真の横に「栗の粒つぶ入り」と添えられています。

たしかにその写真を見ると、栗感が伝わってきますよね。これは、食べるのが楽しみです♪

Photo by muccinpurin

パッケージを開けると、なにやら薄いベールのようなものに包まれたケーキが登場。

栗の甘い香りと焼菓子特有のバターの香りが、おやつの時間を知らせてくれます。ホワイトチョコレートを使っているので、普通のパウンドケーキよりも、だいぶ甘い香りです。

Photo by muccinpurin

味わう前にまず感動したのが、ケーキを包むベールのようなフィルム。

薄くやわらかいフィルムはよく見るとエンボス加工が施されていて、ケーキをやさしく包んでいます。このフィルムがあることで、繊細なケーキの表面の焼き色がはがれることなく、きれいな状態で盛り付けることができました。

味には直接関係ありませんが、ケーキは見た目も肝心!こういった細かい気遣いって、グッときますよね。

マロン感が想像以上!

Photo by muccinpurin

お皿に出してみてもうひとつ感動したのが、すでにカットされていること。やわらかいケーキほど切るのがむずかしく、特にパウンドケーキはぽろぽろとケーキのくずが出やすいので、大幅に手間が省けます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ