無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[疲労回復の効果も]管理栄養士が教える「栗」の魅力と調理法

美容

夏バテで疲れが取れなかったり、お肌が荒れたりしていませんか?そんな時期にオススメの秋の食材があります!今回は「栗の栄養」について管理栄養士が簡単にお伝えします。ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてください。

栗の栄養

秋が旬の栗は種実類に分類されます。同じ仲間のアーモンドやくるみなどのナッツ系は脂質が多いのですが、栗はでんぷんが多いため、糖質は多いですが脂質は少なめです。大きさにもよりますが、1個約25〜35kcalはあるので食べ過ぎには注意が必要です。1日3粒〜5粒くらいにしておきましょう。

1粒にしっかり栄養が入っているのでたくさん食べなくても十分栄養は取れますよ。栗にはビタミンやミネラルがバランス良く含まれていて、ビタミンC、ビタミンB1、カリウム、食物繊維が豊富です。栗の渋皮にはタンニンという栄養素が含まれています。

疲れも取れて美肌効果あり!

ビタミンCには「美容効果」

栗には意外とビタミンCが多く含まれています。本来、ビタミンCは熱に弱く、調理すると損失しやすいのですが、栗のビタミンCはでんぷん質に包まれているため加熱しても壊れにくい性質があります。ビタミンCはコラーゲンの合成を促進する働きがあるので肌に弾力やハリをもたらしてくれます。
さらにメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ働きもあります。

【管理栄養士厳選!】美肌をつくる1週間献立レシピ

ビタミンB1には「疲労回復」

疲れの原因となる乳酸が体内にたまると疲れがなかなか取れないなどの症状が出ます。ビタミンB1は乳酸を分解してエネルギーに変えるのを助ける働きをしてくれますので疲労回復には必要な栄養素です。

タンニンには「肌の老化を防ぐ効果」

栗の渋皮にはポリフェノールの一種のタンニンという栄養素が含まれております。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、肌のなどの老化を防いでくれます。さらに、皮膚の保護作用やシミの原因になるメラニンを抑制する働きもあると言われています。
栗は剥いて食べがちですが、タンニンを摂取するには皮ごと食べる渋皮煮(甘露煮)がオススメです。

体も腸もスッキリさせる効果が!

カリウムには「むくみの改善」

カリウムには、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持・調整する働きがあり、互いにバランスを取りあっています。塩分が多いものを摂りすぎることでナトリウムが過剰になり、むくみにつながります。カリウムはナトリウムを排出してくれる働きがあるのでむくみ予防につながります。

【1分エクササイズ】むくんだ顔をすっきりリフレッシュ!

食物繊維には「便秘の改善効果」

糖質やコレステロールの吸収を抑えて肥満など生活習慣病の予防に効果があります。腸壁を刺激して便通を良くし、体の中の不要なものを排泄を促してくれます。さらに腸内の善玉菌を増やしてお腹の調子を整えるはたらきがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ