無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おうちごはんで世界旅。ごはんがすすむ「中華料理」のレシピ集

レシピ

4. 切り方を変えて時短!「ごろごろ青椒肉絲風炒め」

Photo by macaroni

糸のように切った食材を炒めることから名付けられた青椒肉絲ですが、正直、すべての食材を千切りにするのは面倒ですよね……。このレシピでは、青椒肉絲の概念を捨て、食材をざく切りにして調理しています。

大ぶりに切ることで食感がアップし、素材のおいしさが前面に出る仕上がりには感激!強火でさっと炒めるのが炒めもののコツですよ。

レシピはこちら|macaroni動画

5. とろうま「麻婆チンゲン菜」

Photo by macaroni

麻婆豆腐や麻婆春雨にゆでたチンゲン菜をよく添えますが、ならば麻婆とチンゲン菜もあうのでは……と試してみたレシピがこちらです。

シャキシャキとしたチンゲン菜に麻婆がよく絡み、ごはんが進んで止まりません!丼にしたり、あんかけのようにラーメンにトッピングしてもおいしそう……。

レシピはこちら|macaroni動画

6. しっかり味しみ「なすと厚揚げの中華浸し」

Photo by macaroni

たっぷりのねぎで作った香味だれになすと厚揚げを絡めた中華浸しは、箸休めにぴったりなひと品。

なすと油は相性抜群!しっかりと焼き色が付くまで焼くことで、香ばしさを味方に付けましょう。冷めるうちに徐々に味が染みるので、作り置きが吉。じゅんわり旨みがしみ込んだなすは絶品です。

レシピはこちら|macaroni動画

7. 新感覚!「きゅうりの旨辛にんにく炒め」

Photo by macaroni

生で食べることがほとんどのきゅうりも、サッと火を通すと食感が変わり、新しい魅力を発見できますよ。本場・中国でも、きゅうりを使った炒めものはごくごく一般的。

鶏肉に火が通ったら、合わせ調味料ときゅうりを加えて強火でサッと炒めます。あまり炒めすぎると水分が出てしまうので、短時間で仕上げるのがポイント。

表面がシャキシャキでなかはみずみずしい、新感覚の炒めものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ