無料の会員登録をすると
お気に入りができます

糖質10g以下!無印良品「半熟カステラ」はダイエッターのやさしい味方

グルメ

甘~い半熟カステラが、糖質10g以下だなんて!

Photo by muccinpurin

ダイエット中の大敵でもある甘いものですが、たまには食べたくなるもの。でも、せっかく食べるなら糖質の低い物を選んでみませんか?

無印良品から登場している「糖質10g以下のお菓子シリーズ」から今回ご紹介するのは「半熟カステラ」。あの甘いカステラが、糖質オフだなんて……。その味わいをチェックしてみました。

半熟カステラって…?

今やすっかりおなじみのカステラですが、その起源となっているのはスペインにの「パンデロー」というお菓子だと言われています。

室町時代末期に鉄砲とともに種子島に伝わったパンデローは、丸い形で中心が大きくくぼみ、中心がレアな状態。ねっとりとした半熟加減がウケ、現在は「半熟カステラ」としてさまざまなお店で販売されるようになりました。

糖質10g以下のお菓子「半熟カステラ」(102kcal/糖質8.9g)

Photo by muccinpurin

「糖質10g以下のお菓子 半熟カステラ」150円(税込)

半熟カステラの特徴でもある半熟感は、通常のカステラよりも小麦粉を少なくすることで生み出されます。小麦粉を少なくし、しっかりと卵を泡立てた生地を焼くと、ぷく~っと膨らみ、その後中心がしぼんで半熟に仕上がるんです。

さらに無印良品の半熟カステラは、糖質を抑えるため小麦粉の代わりに大豆粉を使用。しっとりと焼き上げているんだそうです。

Photo by muccinpurin

パッケージから出してみると、カステラ特有の甘い香りがふわっと。

主な材料は全卵、卵と大豆粉、砂糖なので、甘い卵焼きのような、どこか懐かしい香りに癒されます。ずっと嗅いでいられるような、やさしい香りです。

見た目も、半熟カステラ特有の平らな形。本来はもう少し大きいサイズのものが多いので、まわりが高く中心がへこんでいるのですが、ひとり分の食べきりサイズである本品はぺっちゃんこです。

その半熟度は……

Photo by muccinpurin

半熟カステラを包んでいる薄い紙をはがしてみると、香ばしい焼き色がお目見え。やっぱり、こんがりとした焼き色が付いたお菓子って、おいしそうに見えますよね♪

おやつにしてはちょっと小さい気もしますが、あまり大きいと糖質も気になるので、このくらいのサイズ感がいいのかもしれませんね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ