無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは“笑いセンス”あり?危険なブラック・コメディ映画10選

毎日大忙しのあなたの生活。そんな中で、会社、恋人、友人関係、親族の間にも存在するのが、いわゆる“タブー”と呼ばれる触れ難い領域です。今回ご紹介する映画のジャンルは「ブラック・コメディ」。危険なものをユーモアで笑いに変える、センスフルな世界をご紹介します。

2016年4月
カルチャー

大人のユーモア!秀逸なブラック・コメディ

jlloydmorgan.blogspot.jp

「ブラック・コメディ」というジャンルの定義は、「通常笑ってはいけないことを笑いの題材にする」ということです。分かりやすい例で言えば「死」や「戦争」、そして「性」や肌色の「差別」などが挙げられます。

webneel.com

ネガティブなこの笑いを毛嫌いする人も勿論いますが、マイナスを理解した上で楽しむことは、現実と虚構に明確な線を引く上でも大切です。そして「タブー」を「笑い」に変える大人の度量と、センスが試されます。

今回はそんな「ブラック・コメディ」のオススメ映画を10作品ご紹介します。テキストとトレーラーを見て、好感が持てそうな映画から、あなたの“大人のセンス”を磨いてみてください。

パルプ・フィクション

近代ブラック・コメディの金字塔。

ブラック・コメディ界にこの人在り。日本でも人気の高い、クエンティン・タランティーノの1994年の作品です。超くだらない話を、大真面目に。カンヌ・パルムドールを受賞した、“大人のファンタジー”を是非。

博士の異常な愛情

www.phactual.com

常識を覆した、博士の“異常”な笑い。

20世紀を代表する“完全主義者”の巨匠スタンリー・キューブリックが64年に手がけた、ブラック・ユーモアの代名詞的作品。3人に扮したピーター・セラーズの小気味のいいキャラクター、痛快なラストは必見です。

ショーン・オブ・ザ・デッド

記事に関するお問い合わせ