無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「一人モーニング、最高かよ…」あの猿田彦珈琲で、厚切りもちもちトーストが食べられるとは!

「猿田彦珈琲」のプロデュースするベーカリーが2019年7月、池袋店に併設オープン!オリジナルのパンを購入できるだけでなく、モーニングの時間帯にはコーヒーと角食パンのセットが、お手頃な500円台で楽しめるんです♪さっそく評判のモーニングを味わいにお邪魔してきました!

グルメ

早起きしたら「猿田彦珈琲」のベーカリーへ♪/猿田彦珈琲 池袋店

池袋駅から徒歩約10分。ダイヤゲート池袋1階にあるスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲 池袋店」に併設する形で、2019年7月、「猿田彦珈琲」がプロデュースするベーカリー「オキーニョ」第一号店がオープンしました。

2店舗の間に壁はなく、店内では「猿田彦珈琲」自慢のコーヒーと「オキーニョ」オリジナルのパンを一緒に楽しむことができます。テラス席も用意されているので、天気が良ければ外も良いですね♪

「オキーニョ」のコンセプトは“毎日食べたくなる美味しさ”。

「バターや生クリームがふんだんに使用されている高級感のあるパンも美味しいけれど、そうではない毎日食べたくなるような美味しさを一番大切にしたい」という思いのもと、素朴で毎日食べても飽きないパンを提供しています。

“オキーニョ”のパン職人、沖野さんの愛情がたっぷりこもったパンを味わえるのは、数ある「猿田彦珈琲」の店舗の中でも、ここ池袋店だけです♪

500円台で満足!コーヒーと厚切りトーストのモーニング

そんな池袋店で評判なのが、モーニングの時間帯(オープン~10時30分)に500円台でいただける「角食厚切りトーストセット」です。名前のとおり、角食の厚切りトーストとコーヒーがセットになっているのですが、ほぼワンコイン価格ながら、こだわりが感じられる大満足の内容なんです♪

トーストは「カルピスバター」(単品320円、セット520円)、「自家製いちごジャム」(単品380円、セット580円)、「チーズと香草オリーブオイル」(単品380円、セット580円)の3種類から選ぶことができます。

今回は、一番人気の「カルピスバター」のセット(520円)をいただきました。4cmほどもある分厚さが、贅沢感があってうれしいですね♡

一口かじると、外はサクッと気持ちいい歯ごたえで、中はしっとりモチモチ♡

生地には、国産小麦、生クリーム、発酵バターというシンプルかつこだわり抜いた材料を使用しているそう。噛めば噛むほど広がるほのかな甘みがたまりません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ