無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この恨み、忘れない! 根に持つ人の心理と対処法

対人関係において、人を怒らせたり傷つけてしまうことは、よくあります。謝罪や埋め合わせ、トラブルの原因を解決して手打ち、で一件落着すればいいのですが、相手がそれを根に持って、後々までこじれてしまうことも、めずらしいことではありません。この「根に持つ」とは、どういう心理なのでしょうか。心理学者の平松隆円さんに教えていただきます。

平松隆円(化粧心理学者)

ライフスタイル

こちらはすっかり忘れている何年も前のケンカをずっと覚えていたり、ちょっとしたボタンのかけちがいをいつまでも覚えている。そんな人を「根に持つ」タイプなんていったりしますが、決してめずらしい性質ではないでしょう。

どうして人は、過去のことをいつまでも根に持ってしまうのでしょうか。

「根に持つ」ってどういうこと?

まずは「根に持つ」という意味を確認しておきましょう。

『大辞林』(三省堂)には、“根に持つ”の意味として、「いつまでも恨みに思って忘れないでいる」とあります。つまり“いつまでも忘れない”というだけではなく、そこに“恨みの心”があるんですね。

これを、“根に持つ”と表現するのはなぜでしょうか。「根気(こんき)」や「根本(こんぽん)」という言葉があるように、「根」には“粘り強く続けていく”や“事の起こり”という意味があります。おそらくこのあたりから、「いつまでも恨みに思って忘れないでいる」という意味になったのかもしれません。

蛇足ですが、“根に持つ”という言葉はけっこう古くからあり、1651年に書かれた俳諧『崑山集(こんざんしゅう)』に、すでに見ることができます。

「根に持つ人」の特徴

それでは具体的に、「根に持つ人」というのはどんな人なのでしょうか。

記憶力がいい

根に持つ人というのは、いつまでたってもそのできごとを忘れません。そういう意味では、記憶力がいいといえるでしょう。

感情のコントロールが苦手

たいていは、嫌なことがあったら気分転換をして、なるべく気にしないようにしたり、なんとか忘れようと心がけたりするものです。ですが根に持つ人というのは、自分の感情をコントロールするのが得意ではないため、その嫌な気持ちをいつまでも引きずってしまいます。

執着心が強い

よくいえば記憶力がいいのですが、裏を返せば“執着心が強い”ともいえます。一度、恨みを持ってしまうと、そのことに執着してしまい、復讐するまで気が済みません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ