無料の会員登録をすると
お気に入りができます

呼吸器の不調が増える秋だから。呼吸器系に良いヨガとは?

今の時期に増えてくる呼吸器系の不調に良いとされるヨガを、写真と共にそのやり方をご紹介します。

美容

秋には呼吸器系の不調が増える

godmake.me

季節の変わり目は、風邪を引いたり調子を崩したりしがちです。そして秋は呼吸器系に不調がでやすいと言われています。そんな今時期のセルフケアにぴったりのヨガをご紹介!ひとつひとつのポーズにじっくりと時間をかけ、深い呼吸を繰り返すことを意識してやってみましょう。

気をつけたいこと

godmake.me

ポーズを始める前と後にはストレッチをしましょう。例えば、座位の姿勢のまま首から足首まで全身の各関節をまわしてほぐし、前屈・後屈・側屈をしておきます。また、ポーズを始めたら、各ポーズの間にはチャイルドポーズをし、最後にはシャバアーサナをしましょう。身体に無理な負担をかけず、よりポーズが活きてくるように工夫します。

閂(かんぬき)のポーズ

godmake.me

上半身を横に倒す側屈のポーズ。体側をストレッチさせ、片方ずつ胸・肺をしっかりと伸ばしていきます。

1)膝立ちになり、手は腰におきます。腹筋に力を入れて、良い姿勢をキープしましょう。

2)左足を真横に出し、足裏はしっかりと床につけます。右の太腿が床に対して垂直なっていることを確認します。

3)息を吸いながら右腕を右横から上へ上げます。ひじも指先もしっかり伸ばして。

4)息を吐きながら左へ側屈します。右側の体側を伸ばしましょう。左足の膝は曲げてもかまいません。

5)ゆっくりと深い呼吸を3回。ポーズを深める際は、視線は脇から天井を覗くようにします。また可能な場合は、左手の位置は腿の上や、脛や足首に置いていきましょう。膝に負担がかからないよう、膝の上に置かないようにします。また、左手には重心がかからないよう注意しましょう。

6)息を吸いながら体を起こし、3番の状態に戻ります。

7)吐きながら手をおろし2番の状態に戻ります。

8)左足を膝立ちの状態に戻し、反対側へ。

コブラのポーズ

godmake.me

おしりの穴とお腹に力を入れて後屈することで、腰に負担をかけすぎず、胸を開かせて呼吸を深めます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ