無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ティッシュケースにメモるなんてヤバい人」→ 大間違いでした

仕事の電話を受けたものの「あっ、メモがない!」と焦った経験はありませんか? そんなとき、目の前のティッシュボックスがメモ帳代わりになったら、何気に便利ですよね。という訳で、今回は「メモれるティッシュケース」をご紹介したいと思います。

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

ライフスタイル

メモ帳すぐ無くしちゃう派におすすめの“テッシュケース”

(C)sheeler/123RF.COM

仕事で電話を受けたとき、手元にメモ帳がないと困りますよね。小さめのメモ帳や付箋をパソコンに貼っていると迷子になることもしばしば。かといって、デスク上にあまり大きなメモ帳は置きたくないですよね。

そこでおすすめなのがSOLCIONの「MEMORU Tissue case」です。その名の通り“メモることデキるティッシュケース”なのですが、これは意外と便利です!

ペンで書けてティッシュで消せる新発想の「ティッシュケース」

SOLCION
MEMORU Tissue case
実勢価格:1944円
サイズ:W25.3×D12.5×H10cm
全4色
※ティッシュボックスの目安:高さ65mmまでの市販サイズに対応
※楽天市場のリンクはホワイトカラー

よくメモ帳や付箋を失くしてしまうという方でも、さすがに机の上のティッシュボックスはそうそう紛失しないと思います。

SOLCIONの「MEMORU Tissue case」は、ホワイトボード用マーカーで製品の全6面にメモ書きができ、消したくなったら消せるティッシュケース。ティッシュの箱の上からポンとかぶせるだけでセット完了です。

どの面にも書き込めて、とっさのメモ書きやちょっとした伝言に便利!

しかも、書いた文字はそのままティッシュを取り出し、サッと拭くだけで消せるので、繰り返し気軽にメモできます。

ちなみに書いたメモはこすらなければ消えませんが、長期間放置すると消えにくくなるので、その点はご注意ください。

机の上のテッシュボックスは結構場所をとるので、メモ帳や伝言板として活用できるのは一丁二石でうれしいですよね。また、迷子になりがちなメモ帳を慌てて探す必要もないので、「メモ帳すぐ無くしちゃう派」の方は要チェックです!

以上、SOLCION「MEMORU Tissue case」のご紹介でした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ