無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「上司と合わない」と思ったら。辞める前に試しておきたいこと

ライフスタイル

今回のお仕事ハックは「上司と相性が合わない」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

上司と相性が合わない

直属の上司と相性が合わず、悩んでいます。その上司はなぜか私にだけ短気で冷たく、成果を上げてもあまり褒めてくれません。そういう性格の人なのかもしれませんが、私は合わないと感じてしまいます。とはいえ、上司と合わないという理由だけで転職するレベルでもないので、今の仕事のまま対処できればと思っているのですが、まずは何をすればいいのでしょう。

合わない上司、いやですね! 「転職するレベルでない」とのことですが、人が転職をする理由を深堀りすると、人間関係であることはめちゃくちゃ多いです。

「仕事なのに、人の合う・合わないで判断するなんて……」と軽んじてしまいがちですが、日々の対人関係ストレスは自分をじわじわと蝕みます。

私は最近別の部署に異動しましたが、理由は端的にいうと「上司が無理だった」です! もちろん「専門の業界知見を増やしたかった」「担当領域を変えたかった」「その部門と仕事をしていて楽しかった」などのポジティブな理由もありますが、「やってらんね☆ 異動だ☆」と思った大きな原因が上司です。

一般的な転職理由を確認してみても、マイナビ転職が働く女性900人に実施したアンケート調査「転職したいと思ったきっかけ」第4位に「人間関係に悩みがあるため」が入っています。

「転職したいと思ったきっかけ」

なので、「上司と合わないなんて子どもみたいな理由で……」と自分のストレスや不満感に蓋はしないようにしましょう!

自分をムリヤリ納得させずに、正しく理解しましょう

さて、人間関係は転職理由になりうるという話を前段でしましたが、この「合う・合わない」という感情は個人差のあるものなので、定量的に判断するのが難しいです。そして、日本人は特に定量性を欠いた生理的な理由を軽視しがちです。

私が相談文で気になったのは以下のポイントです。

その上司はなぜか私にだけ短気で冷たく、成果を上げてもあまり褒めてくれません。そういう性格の人なのかもしれませんが、私は合わないと感じてしまいます。

「私にだけ短気で冷たく、成果を上げてもあまり褒めてくれない」と感じているのに、そのあとにくるのは「そういう性格の人なのかもしれない」という記述です。

前後関係が矛盾していますよね。明確に「私にだけ」と強い表現をしている点に、不満が感じ取れます。「自分には冷たく、成果も認められていない」という不満を、上司の「性格」として処理するのはいささか不自然です。

上司の態度が相談者さんの「気のせい」なのか「事実」なのかは正直わかりませんが、おそらく周囲との比較で「自分に対する態度が冷たいのではないか?」と感じる瞬間が多々あったということでしょう。

客観的に見て、周囲と相談者さんへの扱いにちがいがあるかは周囲の人に相談する形で聞き出すこともできます。

しかし、信頼できる人でないと納得する答えが返ってこなかったり、相談がまわりまわって上司の耳に届いたりするなどのマイナス効果があるため、取り扱い注意なことを忘れないでください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ