無料の会員登録をすると
お気に入りができます

素敵な器でいただきます。vol.10「奥渋谷のカフェ、Meals」

グルメ

春夏、秋冬の2シーズンに新作が誕生するマルミツポテリ。オリジナルカタログでは、新商品を中心に、各器のストーリーや、器を活かせるレシピも掲載されています。「内容が濃くておもしろいので、思わず休憩時間中も熱心に読み込んでしまいます(笑)」。

「数ある種類の中から、食べやすさや、お客さまの雰囲気を見て器を選ぶ時間もたのしいんです」。

メニューをオーダーする側もまた、どんな器で運ばれてくるのかとわくわくしてしまいますね。今回は、メニューのイラストで心惹かれたスイーツと、ちょっぴり変わったドリンクをオーダーすることにしました。

豊かな気持ちで「いただきます」

運ばれてきたのはこちら。
まずは、カカオ70%のビターチョコレートを贅沢に使用した「チョコレートケーキ」から。生チョコのようなしっとり感に、自家製オレンジピールの酸味がアクセントになっていて、爽やかさも加わった一品でした。添えられたクリームにはマスカルポーネの風味がふわり。

器は、料理の飾り付けに人気の植物と同じ響きを持つ「マーシュ」。上品な白さの8角フレームはまるで額縁のよう。チョコレートブラウンを美しく引き立てていました。面が広いので食べやすさも◎。

合わせてオーダーしたドリンクは「キャロットミルクチャイ」。にんじんを乾燥させて甘さを凝縮し、スパイスと一緒に煮立ててつくられているという、やさしい甘さをたのしめる一品でした。器はフランス語で“花束”を意味する「ルブケ」。ペールトーンのふっくらとしたフォルムが、優雅なお茶の時間を演出してくれます。

店内でひときわ人気を集めていた「カスタードプディング」もオーダーしました。昔ながらの硬めを意識したという、オリジナルのプリン。ほろ苦いカラメルも絶妙でした。器はフランス語で“花開く”という意味を持つ「エクロール」。シンプルながら華やかな印象に仕上がっていますね。

合わせてオーダーしたのは「スパイスホットコーヒー」。丁寧に煎れられたハンドドリップのコーヒーに、スパイスパウダーを混ぜてたのしむことができる、新感覚のコーヒーです。わたしが選んだスパイスはシナモン。ほどよい甘味とエキゾチックな香りで、カスタードプディングとの相性も抜群でした。

赤荒土で独特の風合いを出した、大きな持ち手と大容量が特徴の「マウンテンマグ」に、受け皿として使用されているのは「トリベット」という名前の鍋敷き。職人の手でひとつひとつ掘られたロゴは凹凸があるものの、凸部分の高さは均一のため、上にものを乗せてもガタつかないというこだわりが。ワンプレート皿としても重宝しそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ